マクラーレンF1 「レッドブルとメルセデスの戦争から利益を得たい」
マクラーレンF1は、レッドブルとメルセデスとの間のF1戦争がどのように展開するかを興味深く見守っている。

現在、コンストラクターズ選手権で4位につけているマクラーレンは、2021年シーズン前半戦で2つのトップチームとレースをする状況にあった。

“ベスト・オブ・ザ・レスト”の栄誉を勝ち取るためにフェラーリとの緊密な戦いを展開するマクラーレンは、トップチームのいずれかが戦いのなかでポジションを落とした場合に、最大の利益を得る立場にある。それは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がルイス・ハミルトンに対して勝利に近づいたF1イギリスGPで証明された。

2つのトップチーム間のライバル争いをどのように見ているかと質問されたマクラーレンF1のチーム代表のアンドレアス・ザイドルは「しっかりとフォローしている」と認める。

「他のチームで起こっていることを、コース上だけでなく、コース外でもフォローしている。学ぶことができるものしかないからね」

「どこかの時点で自分自身がそのような立場にいる可能性がある。そして、それが私が非常に興味を持ってそれにフォローしている理由だ」

「これに多くの時間を費しても意味はないが、興味を持ってフォローしているし、常にそれから学ぶことを目的としている」

マクラーレンは、昨年のチャンピオンシップで3位でフィニッシュし、マネジメントの混乱やパワーユニットの変更と戦う低迷の中で多くのシーズンを過ごした後、印象的なカムバックを果たした。

今年のメルセデスのF1エンジンへの切り替えと、ランド・ノリスのチームメイトとしてダニエル・リカルドが加入したことを除けば、チームは比較的落ち着いている。

コース外でも多額の投資が行われており、そこから利益を得るには時間がかかるが、今後のシーズンに向けて運用は良好な状態にある。

したがって、アンドレアス・ザイドルがクリスチャン・ホーナー(レッドブル)やトト・ヴォルフ(メルセデス)などと同じような争いに巻き込まれる可能性があることを示唆するのは非現実的ではない。

マクラーレンはまだ今年のマシンに導入するために多くのアップデートを持っており、焦点はすでに2022年に大きく切り替わっているが、後半戦にフロントのアップデートを示唆している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / メルセデス