大クラッシュのランド・ノリス、肘のX線検査のため病院に搬送 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのランドノリスは、F1のベルギーGPの予選での高速クラッシュの後、肘の予防的X線検査のために病院に搬送された。

Q1とQ2をトップで通過して初ポールポジションへの期待がかかったランド・ノリスだったが、Q3の初めに雨が強くなり、最初のフライングラップでオー・ルージュを介してハイドロプレーニングに巻き込まれた。

スライドを修正しようとしたランド・ノリスだったが、スピンして左側のバリアにマシン後方から衝突し、サーキットをスピンダウンしてライディオンでストップした。

助けを借りずにマシンから降りることはできたが、ランド・ノリスはメディカルカーに連れて行かれるときに左腕と肘を支えていた。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、このような高速クラッシュの後の必須の要件であるメディカルセンターで検査の後、ランド・ノリスが肘のさらなる診察のために病院に搬送されたことを確認した。

事故でランド・ノリスの車はひどく損傷しており、マクラーレンは決勝のために新しいシャーシを作る可能性がある。その場合、ピットレーンスタートを余儀なくされるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1ベルギーGP