マーカス・エリクソン、ケータハムとの契約を解消

2014年11月13日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、最終戦アブダビGPを待たずにケータハムとの契約を解消したことを発表した。

ケータハムは管財人の管理下に置かれ、アメリカGPとブラジルGPを欠場。最終戦アブダビGP参戦にむけてクラウドファンディングで資金を募っている。

マーカス・エリクソンは自身の公式サイトで声明を発表。最終戦を待たずにケータハムとの全ての契約を解除したことを明らかにした。

マーカス・エリクソン、ザウバーとの契約に22億円の持参金

2014年11月3日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、ザウバーとの契約に2000万ドル(約22億4600万円)のスポンサーマネーを持ち込んだと報じられている。

1日(土)、ザウバーは、2015年のドライバーとしてマーカス・エリクソンと契約したことを発表。

所属チームのケータハムが欠場するなか、オースティンを訪れていたマーカス・エリクソンは、彼のスポンサーが前金をザウバーに払って今回の発表にこぎつけたという。

ザウバー、マーカス・エリクソンを2015年のドライバーに起用

2014年11月2日
マーカス・エリクソン
ザウバーは1日(土)、マーカス・エリクソンと2015年の契約を結んだことを発表した。現在のザウバーのドライバーは、エイドリアン・スーティルとエステバン・グティエレスが務めているが、どちらがマーカス・エリクソンのチームメイトになるかは後日発表される。

ケータハムは財政難を解決するため、今週末のアメリカGPを欠場しているが、マーカス・エリクソンは「とても混乱した1週間のあと、突然これまでで最高の早めのクリスマスプレゼントをもらった」とコメント。

マーカス・エリクソン、2015年にザウバーに移籍?

2014年10月31日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、2015年にザウバーと契約してF1キャリアを継続することになりそうだ。

約1800万ドル(約20億円)の個人スポンサーを持ち込むとされているマーカス・エリクソンは、所属チームのケータハムが欠場するにも関わらず、今週末オースティンのトラックを訪れる。

マーカス・エリクソン、2015年のために3チームと交渉中

2014年10月29日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンのマネージャーは、3チームと交渉中であることを認めた。

ケータハムは、管財人の管理下に置かれ、連戦で開催されるF1アメリカGPとF1ブラジルGPを欠場することになった。最終戦のF1アブダビGPに参戦するかもまだはっきりしていない。

ケータハムに所属する小林可夢偉は、公式動画チャンネルで「現状、アブダビGPはまだわからないということで、僕も今のチームの状況がどうなるか待っている状態です」とコメント。

マーカス・エリクソン 「複雑な感情の週末になるだろう」

2014年10月9日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンが、F1ロシアGPが初開催されるソチ・オートドロームについて語った。

マーカス・エリクソン (ケータハム)
「何よりもまず、僕の思いはまだジュールと家族とともにある。複雑な感情の週末になるだろう。でも、ここロシアは面白くなりそうだし、本当に楽しみにしているレースだ」

マーカス・エリクソン 「全日本F3でタイトルを獲得した思い出がある」

2014年10月1日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンが、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットの印象を語った。

マーカス・エリクソン (ケータハム)
「日本に初めてのF1レースのために戻るのが待ち切れないよ! とても良い思い出がある国だ。2009年に全日本F3選手権で優勝して、タイトルを獲得した初めてのスウェーデン人になった」

ケータハム、マーカス・エリクソンとの契約延長を希望

2014年9月26日
マーカス・エリクソン
ケータハムは、2015年もマーカス・エリクソンを起用することを望んでいる。

今年、ケータハムは厳しいシーズンを過ごしているが、新しいオーナーはマーカス・エリクソンがルーキーシーズンで進歩を果たしていると確信している。

マーカス・エリクソンの最高位はF1モナコGPの11位だが、先のF1シンガポールGPでマルシャ勢を破って15位でフィニッシュするパフォーマンスを見せた。

マーカス・エリクソン:F1シンガポールGP プレビュー

2014年9月17日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

マーカス・エリクソン (ケータハム)
「シンガポールは好きな都市のひとつだし、初めてのF1ナイトレースを経験するのが待ち切れない。サーキットはかなり良く知っている。GP2でレースをするたびに表彰台でフィニッシュしていたし、とても良い思い出が蘇ってくるね」
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム