ジョリオン・パーマー
ロータスF1チームのCEOを務めるマシュー・カーターは、チームがルノーによって買収された後も、2016年のパストール・マルドナドとジョリオン・パーマーの契約は遵守されると述べた。

ルノーが、ロータスを買収してワークスチームとしての参戦を発表する前に、ロータスはPDVSAから多額のスポンサーをもたらしているパストール・マルドナドとルーキーのジョリオン・パーマーとドライバー契約を結んだ。

「契約はルノーと同意されている」とマシュー・カーターは Reuters に述べた。

「サードドライバーの決定はなされていないので、彼らがおそらくフランス人の誰かをその役割に起用するかどうかは私にはわからない」

ルノーの発表の際、カルロス・ゴーンCEOは「目標、ドライバー、戦略、パートナー」の詳細は1月に発表すると述べている。

それによって、契約済みの二人についての疑いが持ち上がったが、マシュー・カーターは、そのような意図での発言ではないと考えている。

「皆さんご存知のとおり、当事者が特に望めば、契約は無効にすることはできる。だが、彼らは二人とも契約がある。私は1月に全ての発表があるだけだと思っている」

「チーム名、ドライバーラインナップ、マシンのカラーやスポンサーなどが発表される場だと考えている」

「パストールと彼の資金が今後12ヶ月間のルノーの計画の要であることは確かだ。私の考えでは、二人のドライバーがそうだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロータス / ルノー