ヴィタントニオ・リウッツィ
ヴィタントニオ・リウッツィは、2011年までフォース・インディアと契約していることを明らかにし、将来的にマクラーレンのシートに座ることが夢だと語った。

2002年にウィリアムズで初めてF1マシンをテストしたヴィタントニオ・リウッツィは、来年もフォース・インディアとの契約があることを Autosprint に明かした。

リウッツィは、今年チャンピオン争いをしているマーク・ウェバーを引き合いに出し、まだ自身のキャリアに絶頂期は訪れていないと語る。

「去年、彼(ウェバー)がタイトル争いをするなんて誰が考えていた?」

リウッツィは、リザーブドライバーを務めるポール・ディ・レスタにシートを奪われそうだと報じられていたが、シャシーを交換して挑んだカナダGPでは9位でフィニッシュし、チーム幹部に好印象を与えた。

「フォース・インディアにはとても満足しているし、2011年も契約している」

「でも、僕の目標と夢は、ずっとお気に入りのチームだったマクラーレンでレースをすることだ」

「フォース・インディアは、利用できる予算を考えれば素晴らしい仕事をしていると思う」

「この先のことは楽観的に考えている。高額の予算を使っているチームは、少ない予算で仕事をすることを学ぶ必要があるからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタントニオ・リウッツィ | フォース・インディア