F1 中国
F1のコマーシャルディレクターを務めるショーン・ブラッチズは、中国で新たな市街地レースを開催する可能性について複数と都市で政府関係者と議論していく。

先週末、F1は上海インタナショナルサーキットで1000回目のレースをレースを祝った。F1の上層部は中国を成長市場として位置付けており、ショーン・ブラッチズは次のステップは中国の主要都市の市街地でレースを開催することだと考えている。

「関心という点で言えば、我々は市街地レースに非常に関心を持っている」とショーン・ブラッチズは AFP にコメント。

「上海にある素晴らしい常設施設と良い並置となるだろう。我々の目的は人々にショーをもたらすことだ」

「各都市の政府関係者とのミーティングがされており、第2のグランプリ開催都市を特定することについて話し合っていく。我々はその観点では成長の機会があると考えている」

2017年にF1のオーナーシップを取得したリバティ・メディアは、新たな地域の開拓に目を向けつつ、既存市場の成長を目指してきた。F1の拡大リストのトップに位置しているのがアメリカと中国であり、F1がまだポテンシャルを十分に発揮できていない地域であると考えている。

しかし、アメリカの第2のグランプリとしてマイアミを追加する計画はスムーズに進んでいない。最近、地元自治体は最近になってグランプリ開催についての決議を5月23日(木)まで延期している。

中国での市街地レースの方は地元自治体の支持さえ得られれば、より容易に進められる可能性が高い。F1中国GPの週末には上海の市街地でデモ走行が行われ、ファンにF1の魅力をアピールしている。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、中国の自動車市場の規模を考えれば、自動車メーカーチームからのサポートを得られるはずだと考えている。

「中国は我々にとって最大のマーケットのひとつであり、素晴らしい場所だと思う」とトト・ヴォルフはコメント。

「中国では今後すべてメジャーブランドとOEMがこれまで以上に活性化していくだろう」

「我々は上海でチケットを完売させたことで最初のステップを達成したと思う。第2のレースを開催するにふさわしい大きさを持った場所であることは確かだと思う。フォーミュラEは三亜と香港で2レースを開催している。香港のダウンタウンや北京などどうだろう? そうなったらとても楽しいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア | F1中国GP