マクラーレンF1のランド・ノリス 「MCL36は僕のドライングスタイルが求める車とは正反対!」
ランド・ノリスは、ドライビングスタイルに「非常に不向き」な2022年のマクラーレンのF1マシンMCL36に適応するために「合理的な仕事」をしたと信じている。

ランド・ノリスは、2022年シーズンこれまでマクラーレンF1チームをリードしており、95ポイント中76ポイントを獲得。4月のイモラの3位表彰台は今シーズンのチームのベストリザルトとなっている。

チームメイトのダニエル・リカルドはランド・ノリスのフォームに匹敵することができず、マクラーレンは2023年にオスカー・ピアストリと交代するとされている。

ダニエル・リカルドが現在のマクラーレンのF1マシンに苦戦していることはよく知られているが、ランド・ノリスもMCL36に慣れるのが苦労しており、ドライビングスタイルを調整することを余儀なくされたと明かす。

「おそらく、この車は僕を中心に作られているとは言えないと思う」とランド・ノリスは語った。

「僕が車に求めているものは、土壇場で与えられたものと正反対だった! 今持っている車は、まったく僕のドライビングスタイルが望んでいるものではないし、非常に適していないと言える」

「それは悪いことではない。仕方ないことだし、それに適応しなければならない。だからこそ、今年は自分が望んでいるものや好きなものではないことに適応するために妥当な仕事をしたと感じている」

「これは、僕がここ数年で成し遂げた改善の1つだ」

ランド・ノリスは、今年初めにチームと長期契約を結んだ後、2025年末までマクラーレンに拘束されており、将来の計画の中心となっている。

ランド・ノリスは、チームに「将来に向けて何を期待できるか、そして、自分が将来マシンに何を求めているか」を示すために、「もう少し声を出す」ことに取り組んでいると説明した。

「僕は自分の意見を述べているし、自分が感じていることは、車をより速く走らせるるのに役立つと言っている」とランド・ノリスは語った。

「それはダニエルの意見とは少し異なることもある。でも、全般的に改善が必要なものとパッケージとしての整合性は維持されている」

「間違いなく、少し声が大きくなっている。みんなが、それぞれの仕事を持っていて、それぞれの仕事の専門家だからだ」

「自分の意見を聞いてもらって、それについて少し話して、自分の意見がすべて不採用でも気にしない。もう少し声を上げて、そのことに自信を持つことは常に良いことだ」

ダニエル・リカルドは、ランド・ノリスはコース上で「素晴らしい仕事をしている」と考えていると語った。

「コース上では、彼が非常にいい走りをしていることがわかる」とダニエル・リカルドは語った。

「でも、それが自信につながると思うし、その自信がコース外に出てしまうこともある。チームをプッシュしている方法でも、彼はそれをうまく処理し始めていると思う」

「彼は成長を見せており、別のレベルの自信を示しているし、成熟もしている」

ランド・ノリス F1 マクラーレン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン