マクラーレンF1のランド・ノリス 「愚かな赤旗タイヤ交換ルールは変更すべき」 F1サウジアラビアGP 決勝
マクラーレンF1のランドノリスは、赤旗中断中にF1ドライバーが自由にタイヤを交換できるルールは「不公平」だとしてルールの変更を求めた。

ランド・ノリスは、6番手を走行していた10周目にミック・シューマッハ(ハース)がクラッシュ。セーフティカーのタイミングでタイヤ交換のためにピットイン。先にピットインしたドライバーやステイアウトしたドライバーもいたことで、14番手でコースに復帰する。

しかし、その後、レースは赤旗が提示され、ステイアウト組はリスタートまでにタイヤを交換することができたため、戦略上のアドバンテージは失われた。

ランド・ノリスは、昨シーズンのイタリアGPとトスカーナGPでも同様の運命をたどっている。

「昨年のモンツァでのように数回起こっている。フリーピットストップできる人がいえ、僕たちのレースを台無しにした」とランド・ノリスは語った。

「ムジェロも僕たちのレースを台無しにしたと思うし、ここでも同じだ。もちろん、僕は常に悪い方向に進んでいるのし、誰よりも酷かったかもしれないけど、とても不公平なルールだし、廃止すべきだと思う」

「それらは2つの異なるタイヤセットを使用する必要がある1回の必須ピットストップに変更する必要があると思う。それなら許容できると思う。でも、正直なところ、これはすべてを台無しにするだけだ。愚かなルールで損なわれるためのものに多大な努力を払っている」

ランド・ノリスは、ドライバーズブリーフィングでF1レースディレクターのマイケル・マシと以前にこの問題について話し合ったことがあると語った。

「最初に起こったときと2回目に起こったとき、僕はすでにそれを取り上げた。必要だと思うけど、やりたいこと、または自分が信じていることを言うことはできる。でも、僕がルールを書くわけではない」

「もちろん、、テレビ的にはエキサイティングなものになるし、それは彼らが焦点を合わせたいものでもある。彼らが視聴者数を維持したいのであれば、もちろん、それを継続する。でも、僕の観点では、それはレースを台無しにして、それに費やした努力を台無しする」

ランド・ノリスは最終的に10位まで挽回。過去3レースでは10位が2回、9位が1回と前半戦の勢いを失っている。

「僕たちにはもっと多くの価値があると思うし、ショーよりもはるかに良い仕事をしているので、残念だ」とランド・ノリスは語った。

「もちろん、僕はブラジルのようにいくつかのミスを犯しているし、そこは認めなければならない。でも、カタールとここではもっと多くのポイントを獲得できずはずだった」

「どちらの場合も、チームとしてフェラーリを上回り、少なくともいくつかのポイントを取り戻せたはずだ。最終結果が変わることはないけどね。僕たちは今いる場所よりもはるかに近いはずだ」

「でも、状況、ルール、そして、数週間前のタイヤのパンクによって、僕たちがどんなに激しくても速くても、できることは何もない。酷いよね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1サウジアラビアGP