マクラーレンF1のランド・ノリス 「フェラーリはアップグレード版PUでかなり前に出た」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、フェラーリがアップグレード版パワーユニットを投入した後、“かなり前に出た”と考えているが、ランキング3位争いを継続していくと誓う。

今シーズンの大部分で、マクラーレンとフェラーリは、コンストラクターズ選手権3位をかけて抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げている。現在3位にいるマクラーレンのアドバンテージは、わずか7.5ポイントだ。

フェラーリF1は、最近のレースでアップグレード版パワーユニットを導入。ロシアではシャルル・ルクレール、トルコではカルロス・サインツに投入され、PU交換ペナルティによって最後尾からスタートしたが、なんとかポイント圏内でフィニッシュしている。

「いくつかのレースではまだ僕たちの方が優れていた。彼らの方が優れていたレースもあった」とノリスは言いました。

「傾向として、より強い側にいた。特に今、新しいパワーユニットによって、間違いなく彼らのペースはより強い側にシフトした」

「トルコをれば、0.1~0.2秒前ではなく、僕たちのかなり前にいた」

「彼らは間違いなく非常に競争力のあるマシンを持っているし、今ではより競争力のあるパワーユニットを持っている」
「それは僕たちの仕事をより厳しいものにするだろうけど、それでも目標は彼らを打ち負かすことだし、チャンピオンシップで彼らの前に留まることに全力を尽くす。難しいだろうけど、僕たちは最後までハードに戦っていく」

ランド・ノリスは、シーズン終盤ではあるものの、マクラーレンはMCL35Mからさらなるパフォーマンスを見つけることができると強調する。

「23戦もしくは22戦であっても、物事を学ぶことになるだろう」とランド・ノリスは語った。

「マシンでさまざまなことを試みている。次のシーズンに向けて試みている。毎回マシンを微調整しているい、常に何かを学んでいる」

「僕はチームのドライバーとして学んでいるし、将来のために学んでいる。僕たちがマシンについて新しいことを学び、発見していない時期は今までなかったと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1アメリカGP