ランド・ノリス 「次世代F1マシンは運転するのがとても難しい」
ランド・ノリスは、マクラーレンF1のシミュレーターで走った2022年F1マシンの第一印象は、現在のマシンほど運転していて“楽しくない”と語る。

現在、F1チームは、2022年に導入される新しいルールに沿ったF1マシン開発に取り組んでいる。急進的なグランドエフェクトカーは、マシンが接近して戦うことを可能にすることを目的にしている。それはオーバーテイクを容易にするという利点もあるはずだ。

しかし、シミュレーターで2022年F1マシンを経験したランド・ノリスは、新しいエアロプラットフォーム、ダウンフォースの大幅な削減、および新しいタイヤによって次世代F1マシンの扱いは独特なものになると指摘する。

「運転するのがとても難しいクルマだ。ある意味、今シーズンほど楽しくない」とランド・ノリスはコメント。

「でも、他のすべてのチームで同じことになっていることを願っている。それが驚くべきことやひどいことだと考えようとしても意味がない」

「できる限りベストな仕事をしなければならない。来シーズン、僕たちが良いマシンとともにプレシーズンに向かえることを願っている」

リバティメディアは、F1イギリスGPの週末に次世代F1マシンのコンセプトカーを発表。F1ファンは2022年のF1マシンがどのように見えるかを垣間見ることができた。

だが、ランド・ノリスは、マクラーレンの開発はまだ製造まで進んでおらず、チームが新しいレギュレーションについてさらに学ぶにつれて、定期的に見ている図面も変化していると語った。

「僕たちが見た唯一のマシンはシルバーストンのものだ」とランド・ノリスは語った。

「僕たちのファクトリーにあるマシンは、マシンでさえありません。絵と紙だ」

「何ヶ月もそれを見らることができない思わない。ある意味では来年までは見られないかもしれない」

「来シーズンの図面やデザインをいくつか見てきたけけど、マシンにはさまざまなものがあるため、毎週、何か新しいものや異なるものになっている」

「でも、毎週、変更を加えて、それをどんどん速くするのはとても簡単なころだ」

2022年のプレシーズンテストはわずか2週間に制限されるため、F1のシミュレーター作業は、チームが新車でパフォーマンスを最大化することを保証するために重要になってくる。

フェルナンド・アロンソは、冬の期間がF1キャリアで経験した中で最も激しいものになると予想していると語った。

2022年の車のパフォーマンスにとって何が重要になるかと質問されたフェルナンド・アロンソは「僕たちのマシンがシミュレーターでどのように機能しているか、そして冬のテストでどのように機能するかにより依存してくると思う」とコメント。

「最終的には、3、4レース後には、マシンのパフォーマンスが結果を決定するように、十分にマシンとレギュレーションを把握できるようになることを願っている」

「適応に関しては、大きな違いはないと思う。チームと一緒にシミュレーターでもう少し時間を費やす必要があるので、他の冬よりもハードワークや厳しいものになるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1マシン