F1 ランド・ノリス マクラーレン
ランド・ノリスは、マクラーレンというトップドライバーを輩出してきた名門チームの期待に応えるためにやらなければならないことはたくさんあると語る。

ジュニアキャリアで実績を残し、マクラーレンの育成ドライバーとして将来のスター候補として期待がかけられているランド・ノリス(19歳)は、昨年のF2選手権を2位で終え、今年、満を持してマクラーレンでF1デビューを果たす。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、ランド・ノリスが成長するために時間を与えると語っているが、ランド・ノリス自身はマクラーレンという名前を背負うことの重みをしっかりと自覚していると語る。

「マクラーレンの歴史に応えるためにやらなければならないことはたくさんあるし、多くのプレッシャーを感じている」とランド・ノリスは語る。

「それをポジティブな効果に変えたいと思っているし、僕の年齢ならばF1で長いキャリアを築けるということはわかっている」

ランド・ノリスは、発表会の間、ずっと自分の愛車となるパパイヤオレンジとベガブルーのマクラーレン MCL34から目を離すことができないでいた。

「次のステップはバルセロナだ! テストでマシンに乗るのが本当に待ち切れない」とランド・ノリスはコメント。

「F1にステップアップするために冬の間頑張って準備してきた。ファクトリーでもチームと多くの時間を過ごしてきたし、2019年シーズンに向けて準備を整えるためにできる限り多くのことを学んできた」

「子供の頃からF1は僕の夢だった。2018年のプラクティスセッションでクルマに乗ったことで有益な経験を積むことができたし、今はマクラーレンとのデビューレースを楽しみにしている」

「MCL34は素晴らしく見えるし、今はとにかく早く走らせたいと思っている」

関連:マクラーレン MCL34 | 画像ギャラリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランド・ノリス | マクラーレン