ランス・ストロール、フェルスタッペンを乗せたヘリの気流が挙動に影響 / F1イギリスGP決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1イギリスGPでヘリコプターの下降気流によってマシンが突然不安定になったと考えている。

F1アゼルバイジャンGPでリアタイヤの故障に見舞われていたランス・ストロールは、F1イギリスGPのターン6でAMR21の挙動に問題を感じ、無線でピットウォールにテレメトリーをチェックするよう依頼した。

『マシンをチェックして!』とランス・ストロールは無線で叫んだ。だが、ストロールのクルーは「タイヤはすべて良好だ。タイヤはすべて良好だ」とタイヤだけに注意を向けた。

だが、ランス・ストロールは、ルフィールドの複合を抜けるとすべてが正常に戻った。そして、頭上にヘリコプターを見つけて結論に達した。

「実際、低空で飛んでいたヘリコプターの姓だったんじゃないかと思う」とランス・ストロールは語った。

後になって、マックス・フェルスタッペンを乗せたベディカルヘリが離陸したばかりであることが明らかになった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / F1イギリスGP / アストンマーティン