ランス・ストロール 「マシンにあまり頼ることができなかった」 / アストンマーティン F1ポルトガルGP 予選
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの予選を17番手で終えた。

「難しいセッションだったし、昨日示していたパフォーマンスレベルをうまく構築することができなかった。今日はマシンがあまり快適ではなかったし、あまり頼ることができなかった」とランス・ストロールはコメント。

「Q1の最後のトラフィックも助けにならなかったし、2回目の走行でタイムが犠牲になってしまった。昨日からかなり変更を加えているし、持ち帰って、次回にどこを改善し、もっと良くできるかを理解したい」

「今日の結果は残念だけど、僕たちはレースの方が強いと思う。前の2つのレースでそうだった。昨年は多くのオーバーテイクが見られたトラックだし、明日は順位を上げるために懸命にプッシュするつもりだ。強力な1周目と良い戦略があれば、ポイントを獲得できると思う」

関連:F1ポルトガルGP 予選:ボッタスがPP獲得でメルセデスF1が1列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / アストンマーティン / F1ポルトガルGP