F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサは、2019年にウィリアムズで誰が自分のエンジニアを務めるのかまだわかっていないと明かす。

33歳になったロバート・クビサは、2019年にウィリアムズのF1ドライバーとしてラリーでの負傷から8年ぶりにF1グリッドに復帰する。

しかし、ロバート・クビサは、まだどのエンジニアと仕事をすることになるかわからない状態だと語った。

「それは契約にサインする前の主なトピックスのひとつだった」とロバート・クビサは Eleven Sports にコメント。

「でも、まだ答えを得ることができていない。今週末のテストでその人と仕事ができるに知りたかった。すでに作業を進めていく時間だからね」

「でも、今のところはわかっていない」

ウィリアムズは、2018年にコンストラクターズ選手権で最下位と低迷。ロバート・クビサは多くのスタッフが離脱していることが問題のひとつだと示唆した。

「多くの人々が離脱している。簡単な時期ではない」とロバート・クビサはコメント。

「チームには速いクルマがないとわかっているときに良い従業員を見つけるのは難しい。大部分の人々は最高のチームで働きたいという情熱を持っている」

しかし、ロバート・クビサは、2019年のウィリアムズのF1マシンの競争力は心配するような時期ではない語る。

「僕はパドックに長くいるし、クルマについて心配するのは2月の終わりにコースに出るときだということくらいわかっている。心配しても何も変わらなからね」とロバート・クビサはコメント。

「BMWにいた2008年はテストで4秒を失っていたけど、2ヵ月後には状況は変わっていた。でも、ウィリアムズはそれとは異なる状況にある」

「そのような奇跡は起こらないだろう。来年にはとても現実的にアプローチしていく。オーストラリアで8位や9位にいれば、とても良いだろう。でも、そのよゆなゴールを設定するのは僕の責務ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ