ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームで新たにチームメイトとなったミック・シューマッハを称賛し、彼との仕事上の関係は過去の他のチームメイトと経験したものとはかなり異なると語った。

今年、追放されたニキータ・マゼピンに代わってハースF1チームでF1に復帰したケビン・マグヌッセンは、チームのドライバーラインナップで長老政治家の立場に置かれた。

以前のチームメイトには、マクラーレンでジェンソン・バトン、ルノーでルーキーだったジョリオン・パーマー、ハースF1チームでのロマン・グロージャンとの2020年末までの4シーズンにわたる長期的な協力関係が含まれている。

ケビン・マグヌッセンは、2020年の終わりにシートを失って、精神的に一度F1を終わらせたことで、2年前よりもリラックスした心理状態になった主張。これは、新しいチームメイトとの関係にも当てはまる。

ハースF1チームのチームリーダとしての新しい役割を楽しんでいるかと質問されたケビン・マグヌッセンは、今年はそのメンタリティを取り入れてはいないと述べた。

「実際に自分がそのように捉えているかどうかは分からない」とケビン・マグヌッセンはBeyond the Gridで語った。

「僕とミック(シューマッハ)との間では僕が最も経験豊富だ。僕はそれを認識しているし、それを生かて、自分の経験でチームを助けようとしている。でも、自分が最も経験豊富だからといって。何の権利も感じていない。チームのためにできる限りのことをしているだけだ」

「それは余分なプレッシャーになると思う。ミックも優れていると思っている。彼は1年の経験しかないけど、いい男だ。チームはミックを言うことをまったく聞いていないわけではないし、非常にバランスが取れている。皆さんが思っているほど、大きな違いはない」

「僕はとにかく自分のことをやろうとしている。ミックに対して非常にオープンにしようとしている。何かを隠す必要があるとは感じていない」

ケビン・マグヌッセンは、チームメイトとこのようなオープンな対話をしていると感じたのは彼のキャリアの中で初めてだと語る。

「今回は何もストレスを感じていない」とケビン・マグヌッセンは説明した。

「彼を助けることができれば、それはチームを助けるということだし、それは僕にとって良いことだ」

「彼は学び、質問することに非常に熱心だ。ドライバー間で常にそうであるわけではない。あまりにプライドが高かったり、一緒に仕事をして、質問したくない人もいる。ドライバーの中には、自分の逆転を見せることを恐れている人もいる。ミックはそれを気にしていない」

「今回は少し違う気がする。もっとリラックスしている。彼が僕より良ければ、僕は彼から学ぶことができる。そうすれば、僕はまた新たなレベルに進むことができる」

「それが自分を築き上げ、お互いを前進させる方法だ。それが起こることを願っている」

ケビン・マグヌッセンは、7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子である23歳のミックの成熟度に感銘を受けたと付け加えた。

「第一印象はとても良い」とケビン・マグヌッセンは語った。

「彼は本当にナイスガイだし、素朴で礼儀正しく、みんなと仲良くしている。誰もが彼を好きだ。すぐに彼はとてもオープンになった」

「彼はとにかく学びたいと思っているし、デブリーフィングでの彼のフィードバックは良い。彼は言い訳をしない。ミスをした場合は、チームに非常に正直だ。彼はそれについてオープンであり、言い訳を見つけようとはしない」

「彼の態度はとても良いし、彼は明らかにとても才能がある」

「彼にはこの名前があるので、ある意味で大変だ。彼のお父さんは史上最大のF1ドライバーだ。彼がシューマッハだからここにいると思っている人もいるかもしれない。でも、彼は実際にここにいるために必要なものを持っている。彼は必要なことを成し遂げてきた。それ以上のことをやってきたかもしれない」

「僕のようにF3で勝てずにここにいるドライバーもいる! 僕はF3で2位だったけど、F1の他のドライバーの多くは、これまですべてに勝ったわけではない。彼は非常に才能のあるドライバーであり、うまくいくと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / ミック・シューマッハ