ケビン・マグヌッセン 「F1サウジアラビアGPは身体が限界だった」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1サウジラビアGPで体力の限界に達していた。

2022年シーズン終了後にハースF1チームのレースシートを失ったケビン・マグヌッセンは、ニキータ・マゼピンの後任として開幕の約1週間前に電撃復帰。サウジアラビアは復帰2戦目だった。

ジェッダは、ジョージ・ラッセルがレース後に「僕が経験した中で最もフィジカル的に厳しいレース」と称するように現役の若いドライバーにとっても身体的に厳しいレースだった。

そして、ケビン・マグヌッセン(29歳)はすでに予選で苦労していた。

「Q3に首をやってしまった。もはや運転できなかった。1年間F1を離れた後、そのための準備はできていなかった。ここに世界で最高のフィジオがいてくれることをうれしく思いう」とケビン・マグヌッセンは微笑んだ。

しかし、日曜日にルイス・ハミルトンに先んじて9位でフィニッシュした後、ベンチで疲れ果てた姿でミカ・ハッキネンと談笑しているのをを目撃されたケビン・マグヌッセンにとって、その理学療法でさえ十分ではなかった。

「苦労している」と小さなテーブルに体重をかけながらEkstra Bladetに微笑んだ。

「首がとても痛いけど、レースはラップタイムが少し遅いので予選よりは少し楽だ」

「車はロケットだし、バランスとタイヤをプッシュできる方法にとても満足していた。運転するのはとても楽しかった」とケビン・マグヌッセンは語った。

ニコラス・ラティフィのクラッシュによって引き起こされたセーフティカーのタイミングは、ケビン・マグヌッセンの戦略にとってひどいものだったたが、ハースF1チームにはそれを跳ねのけるだけのペースがあった。

「それは多くのことを物語っている」とケビン・マグヌッセンは語った。

「車は優れているし、とにかく速い」

ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム) サウジアラビアグランプリケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム) サウジアラビアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / F1サウジアラビアGP