F1 ケビン・マグヌッセン
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグと友人ではないことを認めるが、彼の才能とドライビングパフォーマンスについては心からリスペクトしていると語る。

ケビン・マグヌッセンとニコ・ヒュルケンベルグは過去にコース内外で言い争っており、2017年のF1ハンガリーGP後にはお互いが友好的ではないことが公となった。

ホイール・トゥ・ホイールのバトルを展開した二人は、レース後にお互いを口撃。ニコ・ヒュルケンベルグは、ケビン・マグヌッセンのことを“グリッドで一番スポーツマンらしくないドライバー”だと批判した。

そして、今、2020年にハースF1チームにロマン・グロージャンの後任としてニコ・ヒュルケンベルグが加入すると噂されており、それが実現すれば二人はチームメイトになる可能性がある。

「僕たちはコース上で対戦相手であり、友人ではない」とケビン・マグヌッセンは Auto Motor und Sport にコメント。

「もちろん、彼のドライビングパフォーマンスを心からリスペクトしている。彼は非常に才能があり、完成されたドライバーだ。彼に対して何もないよ」

「このエピソード全体、そして、今日もその質問をされているという事実は、メディアの問題を示していると思う。もちろん、その理由は理解できるけどね」

ケビン・マグヌッセンは、ニコ・ヒュルケンベルグと自分はもうF1ハンガリーGPのことは水に流していると語る。

「人々はそれらのストーリーをクリックするけど、もしカメラで録画されていなければ、ニコと僕は今日それについても考えてさえいない」とケビン・マグヌッセンは語る。

「完全に誇張されていた。最終的に、僕はニコに心からリスペクトしているし、個人的に彼に対して何とも思っていない」

「人間としての彼のことは知らないけど、誰かが彼について悪くいうのは聞いたことがない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース