小林可夢偉
小林可夢偉は、ザウバーのシートを確保するためにスポンサーの支援を見つけなければならないが、2013年のF1残留に自信を持っている。

小林可夢偉は、ザウバーに留まるためには財政支援が必要だと要請されたことを公言しており、現在積極的にスポンサーを探している。

インドで小林可夢偉は、ザウバーがコンストラクターズ選手権でメルセデスに勝つ助けになることができれば、自身の役に立つだろうと述べた。

残り4戦で、ザウバーはメルセデスに20ポイント差をつけられている。

2013年もF1に残留する自信はあるかという質問された小林可夢偉は「はい、そう思います」と答えた。

「最後の4戦に集中しなければなりません。チームと僕自身にとってそれがとても重要です。チームはメルセデスより上位になる必要があります。それが僕たちの一番の目標です」

F1日本GPで表彰台に立った小林可夢偉は、F1韓国GP以降、スポンサー探しを頑張っていることを認めた。

「頑張っています。韓国のあとも日本に戻って、東京でスポンサーを探していました。アブダビのあとも帰国する予定です。とても忙しいですが、そうしなければなりません」

小林可夢偉が、ザウバーから要求されたスポンサー資金は10億円とされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / ザウバー / F1インドGP