小林可夢偉
小林可夢偉は、10月のF1日本GPのために日本へ旅立つことに危険性はないと述べた。

一部のMotoGPライダーは、福島の原子力発電所からわずか100kmの距離にあるもてぎでのレースをボイコットすることを表明しているが、バーニー・エクレストンと鈴鹿サーキットの海野勝氏はニュルブルクリンクで「完全に安全だ」と放射能の恐れがないことをアピールしていた。

小林可夢偉も、日本に来ることは問題ないと訴えた。

「僕は日本に行きましたが、元気です」と小林可夢偉はコメント。

「日本では誰も心配していません。鈴鹿に行けば、みんなへのサポートを示すことになると思います。いろんなところから鈴鹿に人々が集まると思います」

寄付のために3000枚のチケットを個人的に購入したことを明らかにしたバーニー・エクレストンは、日本へ移動することは心配ないと述べ、F1にはMotoGPの例に続くような者はいないと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | F1日本GP