マイケル・マシを戻すべき? F1イタリアGPのセーフティカー決着で再評価
F1イタリアGPの興ざめなセーフティカー先導での終了にロシア人コメンテーターのアレクセイ・ポポフは、F1は元F1レースディレクターのマイケル・マシを連れ戻すことを検討すべきだと語る。

F1イタリアGPは、残念ながらセーフティカー先頭で終了し、マックス・フェルスタッペンが、シャルル・ルクレールをフェラーリの聖地モンツァで破り、今シーズン11 勝目を挙げた。F1ファンは2人のドライバーの最終対決の機会を奪われた。

La Gazzetta dello Sport は、「100周年グランプリをこのような形で終わらせるべきではない」と宣言。

「F1の評判に深刻なダメージを与えた」

Corriere della Sera の社説は「100年間のレースで、我々はF1カーが最速のサーキットに列をなすのを目の当たりにしている。なんて悲しいことだろう」と書いた。

「世紀のグランプリを見るために何時間も待った人々は、この恥ずかしさに直面しました。」

ロシアの放送局Match TVで働くアレクセイ・ポポフは「(マイケル)マシを批判したすべての人へ。彼がバクーで行ったようにレースに赤旗を出したのは彼のイニシアチブだった。リスタートと2周の戦いが見られた」

「アブダビでの有名なリスタートはチャンピオンシップをひっくり返すことになったが、それでも彼は人々にレースを見てもらいたいと思っていた。場合によっては、レースの手続きを無視すべきこともある」

「もう一度言おう。マシを連れ戻すべきだ」

実際、マイケル・マシは母国オーストラリアに戻り、国内モーターレースのトップ カテゴリーであるスーパーカーコミッションのチェアマンを務めている。

マイケル・は今年、F1で新しいジョイントレースディレクターのエドゥアルド・フレイタスとニールズ・ウィティッチに代わられた。

1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは「非常に高価なチケットを購入した何万人もの人々にとって、特に悲しいことだと思う」とFormule 1に語った。

「彼らはショーもフィニッシュも見れなかった。本当に何もあなかった。もっと多くのことを望んでいたが、手に入れられなかった。今年のレースの管理ミスはすでに素晴らしいものではないが、今回はさらに悪かった」

「レースは決してセーフティカーの後ろで終わってはならない。赤旗やラップされた車を素早く通過させるなど、多くのことを別の方法で行うことができたかもしれない。時間は十分にあった」

「昨年はそれほど悪くなかったことに気づかされた。ミスはあったが、できるだけ早くレースを再開させることを常に念頭に置いていた。モンツァでは、それは重要ではないように見えたし、それは驚くべきことだった」

アレクセイ・ポポフもその意見に同意し、レースディレクターは2021年のアブダビの論争とレギュレーションに忠実に従う必要性によって麻痺したと推測している。

「アブダビのスキャンダル全体を考えると、そうしなければ奇妙だっただろう」とアレクセイ・ポポフは語った。

「彼らは自分たちの過ちによって閉じ込められていた」

「彼らはマシを解任し、ルールに従って生活すると言ったので、そうしなければ奇妙だっただろう。しかし、我々はもっと柔軟になる必要があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イタリアGP / FIA / ジャック・ヴィルヌーヴ