元レッドブルF1育成のユーリ・ビップス、インディカーにキャリアの活路?
元レッドブルF1育成のユーリ・ビップスは、インディカーでレースキャリアを取り戻すことができるかもしれない。

将来を有望視されていたユーリ・ビップスだったが、2022年に激動の年を迎えることになってしまった。FIA-F2選手権では特に印象に残っていいないが、今年の初めに間違った理由で脚光を浴びた。

ユーリ・ビップスは、Twitch ストリームで人種差別的な言葉を使用しているのが見つかった後、レッドブルF1での役割を停止された。それでも、F2チームのハイテックGPに留まったが、レッドブルとの関係が悪化しているため、F1での可能性はわずかだ。

だが、ユーリ・ビップスは、2023年にインディカーのレースシートを獲得する可能性がある。インディカーの車両をテストするチャンスが訪れているようだ。

Motorsportは「ビップスはセブリングの1.7 マイルのショート コースでレイホール・レターマン・ラニガン・ホンダをドライブし、マーカス・アームストロングがデイル コイン・レーシング・ホンダのハンドルを握る」と伝えた。

F1でのチャンスは事実上存在しない中、F2でもう一度チャンスを得ることも期待するされるが、ユーリ・ビップスは、2023年のF2レースシートの可能性は非常に「難しい」と考えている。

この一年についてユーリ・ビップスは「2022年を説明する言葉を見つけるのは難しい。本当に大変だった。また、多くのことを教えてくれた。人間としても、ドライバーとしても、大きく成長したと思う」と語る。

ユーリ・ビップスは、F2での2023年のレースシートについてあまり楽観的ではない。コース上での彼のパフォーマンスは満足のいくものではなかった。

「僕たちはまだ来年を検討している。チャンピオンシップでの順位とシーズンの流れからすると、現時点では非常に難しいように見える。僕たちは努力しているけど、まだ提供できるものは何もない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / インディカー / レッドブル