インディカー
インディカー・シリーズは、AFP(Advanced Frontal Protection)デバイスと呼ばれる新しいコックピット保護デバイスを発表した。

高さ3インチ、幅0.750インチのチタンが使用されるAFPは、昨年、インディカー・シリーズがフェニックス・インターナショナル・レースウェイとインディアナポリス・モーター・スピードウェイででテストしたウインドスクリーンに代わって導入される。

ダラーラ製のAFPは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイでの4月24日のテスト期間中に全チームで初めて使用され、5月の第103回インディアナポリス500のプラクティスで正式デビューを果たす。インディ500終了後、AFPは2019年の残りのすべてのレースで装着が義務付けられる。

インディカーのジェイ・フライ会長は「安全性は終わりのない追求であり、これは進化におけるインディカーの最新の一歩だ。今後進めていく段階についてはさらに詳細な情報がある」とコメント。

PPG製のウインドウスクリーンは、トラックテスト後ににあるPPGの施設で衝撃テストが実施されたが、導入までにはまだ課題があることが判明している。

AFPは来シーズンの短期的な解決策であり、2020年には新しいコックピット保護装置に置き換える可能性があると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー