ニコ・ヒュルケンベルグ、レッドブル・ホンダF1からの代役打診を語る
ニコ・ヒュルケンベルグは、運命の歯車が少し違っていたら、レッドブル・ホンダのF1マシンでF1アイフェルGPを戦っていたかもしれない。ヒュルケンベルグは、もしそのチャンスがあったら両手で掴んでいただろうと認める。

F1アイフェルGPの週末に先立ってレッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、新型コロナウイルスの検査結果が不明瞭だった。そのため、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、代役の可能性を伝えるためにニコ・ヒュルケンベルグの電話を鳴らした。

ニコ・ヒュルケンベルグは「金曜日の朝は少し忙しかった」と Auto Motor und Sport に語った。

「ヘルムートから電話があり、レッドブルで代役を務める可能性がありそうだったけど、結局は実現しなかった」

今後レースの週末も待機するかと質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「僕は準備ができているし、どのチームに対しても契約上の義務はない」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「彼ら次第だし、ニュルブルクリンクで起こったように、そのようなことを計画することはない。同じチームがシーズンに2回自分のことを必要とする可能性なんでどのくらいあると思う?」

「シートがすでに用意されていて、自分の理学療法士がチームで働いている場所だった。他のチームでは、シートが用意されていないため、不可能だっただろう。別のチームではさらに多くの準備時間が必要だった。異なるチーム間を行き来することは不可能だ」

では、レッドブル・ホンダF1に乗り込むことは事実上不可能だったのだろうか?

「もちろん、マルコ博士とレッドブルのために例外を作りたかった。サーキットにシートを作る必要があったし、それがうまいっていたら、とてもエキサイティングだっただろう」

「あの日を振り返れば、金曜日だったら成功していかったかもしれない。でも、レーシング・ポイントのケースのような短期間ではレッドブルでは決して成功しななかっただろう」

ニコ・ヒュル家ベルグは、レッドブルF1がリザーブドライバーを必要としたときに最初に電話を掛けた一人が自分だったことを誉め言葉として考えていると語る。

「確かにそれは前向きなことだと思う。チームがポイントを獲得できるような方法ですぐに乗り込んでパフォーマンスを発揮できるドライバーは多くない。それは何かを物語っていると思う」

それは、レッドブル・ホンダF1の2021年のドライバー候補であることも意味している。マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレースをすることは現実的なのだろうか?

「言うのは難しい」とニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「今回は特別な状況だったので、期待を低く抑えようとしている。彼らはグランプリの週末に突然ドライバーをアルファタウリからレッドブルに移すことはできないからね」

レッドブルF1は、今回の状況を受けて、元トロロッソのF1ドライバーであるセバスチャン・ブエミをファーストリザーブに任命している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル / F1ドイツGP