F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ハースF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1イタリアGPで2020年のハースF1チームへの移籍を発表すると FormulaF1 が報じている。

一部報道では、今週末のF1ベルギーGPで2020年のエステバン・オコンのルノー移籍、並びにバルテリ・ボッタスのメルセデス残留が発表されると噂されている。

その場合、ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーF1チームのシートを失うことになるが、 FormulaF1 は翌週に開催されるF1イタリアGPでヒュルケンベルグのハース移籍が発表されると報じている。

ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグの移籍が確定するまでエステバン・オコンの加入発表を控えるとされてきたが、この報道が正しければ、3名の発表報道は信ぴょう性を増してくる。

また、ニコ・ヒュルケンベルグの加入によってハースのシートを失うことになるロマン・グロージャンは、ロバート・クビサの離脱が噂されるウィリアムズ、もしくはフォーミュラEへの転向が噂されている。

F1ベルギーGPの木曜記者会見に渦中のバルテリ・ボッタスとともに参加することが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、自身のInstagramでエステバン・オコンのルノー移籍を報じた Auto Hebdo の表紙を掲載し、「ようやく木曜日がエキサイティングになるね」と意味深なコメントを残している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース