ホンダF1、レッドブルへのF1エンジンの知的財産権の譲渡で合意
ホンダF1は、レッドブルとF1エンジンに関する知的財産権の譲渡について合意に達しているとレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは語る。

ホンダは、2021年シーズンをもってF1から撤退するが、レッドブルはホンダから知的財産権を引き継いで最新のホンダ製F1エンジンの開発を自社で続け、2022年以降もレッドブル・レーシングとアルファタウリに搭載することを望んでいる。

「話し合いは非常に建設的で、彼らは非常に親切だ。公式のファクトリーサポートがなくても、将来的に非常に競争力のあるエンジンになる可能性がある」

「後はFIAからエンジン面の開発凍結を行うという証拠を書いてもらうだけだ」

ヘルムート・マルコは、2022年のF1エンジンの開発凍結に関する最終的な確定は“来週行われるはず”だとし、

「我々はFIAの決定を待っている。対応する確認は来週行われるはずだ。我々はコストキャップを導入し、ドライバーサラリーの制限と削減について話し合っている」

「エンジンはすべてがオープンなままである必要がある。さらに新しいエンジンレギュレーションが2025年に前倒しされることは明らかだ」

また、ヘルムート・マルコは、F1エンジンの凍結はレッドブルにとって良いだけではないと主張する」

「このエンジンはF1でかなりのコストドライバーであることが証明されている。もうこれ以上投資しても意味がない」とヘルムート・マルコは語る。

「F1にとって、それは非常に明確な決定理由となる」

ヘルムート・マルコは、F1エンジンの凍結が実施されない場合、「レッドブルはF1での状況を大幅に再考するだろう」と警告する。

「これは恐喝ではない」とヘルムート・マルコは主張し、レッドブルにはプランBはないことを付け加えた。

「コスト的な理由から、これらの不運なエンジンではエンジンの凍結が唯一の方法だ」とヘルムート・マルコは主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル