F1 ホンダF1 レッドブル
6月19日、ホンダがレッドブルとのF1エンジン契約を発表してから丸一年が経った。

ちょうど1年前のF1フランスGPを控えた2018年6月19日(火)、ホンダは2019年シーズンよりレッドブル・レーシングとトロロッソの2チームにF1パワーユニットを供給することを発表した。

2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰したホンダは、その後3年間で厳しいシーズンを過ごすことになる。最終的にマクラーレンから契約を解消されたホンダは、2018年からレッドブルの姉妹チームであるトロロッソとパートナーシップを締結。バーレーンGPでは4位に入賞するなどポジティブな結果を残した。

レッドブルとのパートナーシップを開始した今年、開幕戦オーストラリアGPでホンダとして11年ぶりの表彰台を獲得。F1スペインGPでも再び表彰台を獲得するなど、初年度としてはまずまずの成績を残している。

今週末のF1フランスGPではホンダは“スペック3”エンジンを投入。メルセデス、フェラーリとのギャップを縮めるためにホンダとして総力を挙げて開発を進めている。

ホンダ、レッドブル・レーシングとのF1エンジン契約を正式発表 (2018年6月19日)
山本雅史「これまでトロロッソとの関連でヘルムート・マルコ氏と話す機会は何度もあったので、『いつか一緒にやりたいね』という話はどちらからともなく出てきていました」

レッドブル 「ホンダとF1パワーユニット契約を結んだのは技術主導の決断」 (2018年6月20日)
クリスチャン・ホーナー「我々はホンダが良い飛躍を遂げ、パフォーマンスと信頼性の両方で良い進歩を遂げているという結論に至った。それにより、我々は12シーズン搭載してきたパワーユニットを2019年以降にいた新しいものに変更するという難しい決断を下した。我々には彼らが今年どのような進歩を果たしたかを確認できる特権があったし、技術主導の理由からこれがアストンマーティン・レッドブル・レーシングにとって正しい動きだという結論に達した」

ホンダF1 「レッドブルとの契約はポテンシャルを示すチャンス」 (2018年6月26日)
山本雅史「最初に役員会で話し合った際、我々ホンダは技術を向上させ、その改善によって勝つためにF1にいるいう話になりました。レッドブルと組むことは、我々のポテンシャルを示し、成長するための機会になると考えています」

レッドブル 「ホンダとF1エンジン契約を締結した際は馬鹿だと言われた」 (2019年3月25日)
ヘルムート・マルコ「我々は今年、ワールドチャンピオン争いに戻れると思っている。彼らはホンダと契約した私は馬鹿だと言っていた。それどころか、よくあることだが、私は正しかった」

ホンダF1 「4台全車にアップデートしたスペック2のエンジンを投入する」 (2019年4月25日)
田辺豊治「初戦より使用してきたICE(内燃エンジン)に品質観点での課題を確認しました。したがって、今回のラウンドから4台全車にアップデートしたSpec2のICE投入を決めました。アップデートの内容は、主に信頼性の向上ですが若干のパフォーマンスアップも行っています」

ホンダ、F1フランスGPで3台のマシンに“スペック3”エンジンを投入 (2019年6月19日)
「。今回はパフォーマンスの向上を図るためにICEとターボのアップデートを行っています。現在、F1のPU開発においては、更なる競争力向上を目指し、ホンダのさまざまな開発部門との間で連携を深める事を進めています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | レッドブル