マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、今週末のF1カナダGPでアップデート版のターボチャージャーを投入する。

ホンダは、ハーベスティングの効率性を改善することを焦点とした新しいターボチャージャーのために2トークンを費やすことを決定。

新型ターボチャージャーは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの両方に搭載される。二人とも3基目のターボチャージャーとなり、ペナルティは科せられない。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、さくらのファクトリーでのダイナモの結果に励まされていると述べていたが、トークンを費やすべきだと確信するにはさらなるテストが必要だとし、決定を先延ばししていた。

ホンダのF1パワーユニットのアップグレードは、今シーズン中で初。トークンは残り12トークンとなっている。

F1カナダGPでは、F1パワーユニットのアップグレードに加えて、エクソンモービルが開発した新しい燃料も投入される。

関連:2016 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | マクラーレン | F1カナダGP