ホンダF1の2022年09月のF1情報を一覧表示します。

マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」

2022年9月30日
マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」
マックス フェルスタッペンは、今週末のシンガポールグランプリでF1ワールド チャンピオンシップを獲得するのは「少し非現実的」だと考えている。

レッドブル・レーシングのドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、今シーズンの多くを支配した後、2度目のF1ワールドチャンピオンに向けて順調に進んでおり、それを締めくくる最初の機会はマリーナベイ市街地コースで訪れる。

レッドブルF1首脳 「鈴鹿でタイトルを決めた方がホンダも喜ぶだろう」

2022年9月29日
レッドブルF1首脳 「鈴鹿でタイトルを決めた方がホンダも喜ぶだろう」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームは今週末のF1シンガポールGPの荷物のなかにマックス・フェルスタッペンの“ワールドチャンピオン”Tシャツは詰めてはいないと語る。

数字的にマックス・フェルスタッペンは今週末のF1シンガポールGPで2年連続のドライバーズタイトルを獲得できる可能性があるが、それは優勝が必須条件であるのに加えて、ファステストラップを絡めると、ライバルのシャルル・ルクレールが8位もくは9位以下でフィニッシュしなければならない。

ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催

2022年9月24日
ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催
ホンダは、2022年F1日本GP直前にレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが参加するファンミーティン「Hondaハート FORMULA 1 DREAM」をウエルカムプラザ青山で開催する。

ホンダは、3年ぶりの開催となる『2022 FIA F1世界選手権シリーズ HONDA 日本グランプリレース』をファンと一緒に盛り上げる企画をウエルカムプラザ青山で用意。

レッドブルF1代表 「ホンダと再タッグは興味深いが緊急ではない」

2022年9月23日
レッドブルF1代表 「ホンダと再タッグは興味深いが緊急ではない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダとの緊密な関係を再開するための交渉は「論理的で興味深い」なステップだが、「緊急ではない」と語る。

ホンダは、2021年末に正式にF1から撤退したが、2022年モデルの“レッドブル・パワートレインズ”ブランドのF1パワーユニットは、依然としてホンダのインフラで製造されている。

ホンダ、もてぎでの「Honda Racing THANKS DAY 2022」開催を発表

2022年9月22日
ホンダ、もてぎでの「Honda Racing THANKS DAY 2022」開催を発表
ホンダは、2022年11月27日(日)に栃木県のモビリティリゾートもてぎにて「Honda Racing THANKS DAY(ホンダ・レーシング・サンクスデー)2022」を開催することを発表した。

ファンの皆様から好評を博しているこのイベントは今年で14回目を数える。また、同会場(2019年開催時の名称はツインリンクもてぎ)での開催は2019年11月以来3年ぶりとなる。

レッドブルF1代表 「ホンダと新たな状況について話し合うのは論理的」

2022年9月21日
レッドブルF1代表 「ホンダと新たな状況について話し合うのは論理的」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2025年以降のホンダとのコラボレーションの可能性についての憶測に応えた。

ポルシェとレッドブル・レーシングの間の交渉の失敗は、多くの議論と憶測を引き起こした。特にホンダは再び言及されることが多く、結局、ホンダは当分の間F1活動を終わらせることはなさそうだ。

ホンダ、2026年からHRCとして正式なF1復帰をレッドブルと暫定的に合意?

2022年9月19日
ホンダ、2026年からHRCとして正式なF1復帰をレッドブルと暫定的に合意?
ホンダは、2026年にHRC(ホンダ・レーシング)として“正式”にF1活動を再開する可能性が報じられている。

現在、チャンピオンシップをリードするレッドブル・レーシングは、ホンダが2021年末にF1から正式に撤退した後、ホンダが設計および組み立てたエンジンを使用しており、2025年の現在のルールサイクルが終了するまでこれらのエンジンを使用し続けている。

ホンダF1エンジン、撤退発表後の半分以上のレースで勝利

2022年9月16日
ホンダF1エンジン、撤退発表後の半分以上のレースで勝利
ホンダのF1エンジンは、皮肉なことに撤退を発表して以降のレースの半分以上で勝利を収めている。

先週末のF1イタリアGPの今シーズン11勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンのシーズンは、あと2勝でミハエル・シューマッハ(2004年)、セバスチャン・ベッテル(2013年)に記録したシーズン最多勝利に並ぶことになる。

レッドブルF1首脳、ホンダと2026年以降について東京での交渉を計画

2022年9月12日
レッドブルF1首脳、ホンダと2026年以降について東京での交渉を計画
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2026年シーズン以降についてホンダと「交渉」を続けるために日本への旅行を計画している。

レッドブルは、2026年のむけたポルシェとの株式50%の売却を含めた交渉が決裂。ポルシェは、チームの支配権を握ることを求めたが、レッドブルはF1の日々の要求に迅速に対応する能力がポルシェのより企業的なアプローチによって損なわれることを恐れたことを主な理由に挙げた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム