レッドブルF1代表 「ホンダと新たな状況について話し合うのは論理的」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2025年以降のホンダとのコラボレーションの可能性についての憶測に応えた。

ポルシェとレッドブル・レーシングの間の交渉の失敗は、多くの議論と憶測を引き起こした。特にホンダは再び言及されることが多く、結局、ホンダは当分の間F1活動を終わらせることはなさそうだ。

マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得した後、レッドブルとホンダF1のパートナーシップが最高潮に達したとき、ホンダはF1から撤退した。

レッドブル・レーシングは、その後もホンダが製造しているF1パワーユニットで2022 年にダブルタイトルを獲得する道を進んでいるように見え、ポルシェとの交渉が決裂したことで、ホンダの長期滞在の噂が高まっている。

レッドブル・レーシグのF1チーム代表を務めるは、2026年に発効するF1パワーユニットレギュレーションは、電気自動車の生産にもっと集中したいホンダにとって興味深い機会をもたらすと主張している。

「新しいレギュレーションと、内燃エンジンと電気モーターの間の50対50の駆動配分により、興味深い新しい状況が発生する。ホンダと新しい状況について話し合うことは論理的で興味深いでしょう。だが、急ぐ必要はありません」とクリスチャン・ホーナーはSpeedweek.comに語った。

ホンダは、レッドブル・パワートレインズによるF1エンジンプロジェクトの買収を支援することになっていたが、その後、2026 年の新しいエンジンレギュレーションの発効まで、エンジンは日本から供給され続けることが明らかになった。ただし、成功したパートナーシップがそれ以降も続く可能性はある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1