ホンダF1の2020年07月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1の“ハイレーキ・コンセプト”最強神話が崩壊?

2020年7月31日
レッドブルF1の“ハイレーキ・コンセプト”最強神話が崩壊?
レッドブル・ホンダF1は、昨年よりもメルセデスに遅れをとっていることが明らかになり、新たなライバルとしてレーシング・ポイントが浮上。“ハイレーキ・コンセプト最強神話”が崩壊しようとしている。

レッドブル・レーシングは、エイドリアン・ニューウェイが生み出した“ハイレーキ・コンセプト”を極限まで突き詰めてきた。マシンが大きく前傾姿勢をとることで理論的にマシン全体がディフューザーの役割を果たし、ダウンフォースを高める。

ホンダのF1エンジン、メルセデスとの差は30馬力 / 2020年のF1世界選手権

2020年7月31日
ホンダのF1エンジン、メルセデスとの差は30馬力 / 2020年のF1世界選手権
ホンダの2020年型F1エンジンのメルセデスとの差は30馬力だと開幕戦3戦のGPSデータを元に Auto Motor und Sport が算出している。

F1パワーユニット時代の7年目となる今年、再びエンジンの馬力が脚光を浴びている。特にメルセデスは冬の間に大きな進歩を果たし、カスタマーのレーシング・ポイントとウィリアムズは特にエンジンパワーが物を言う予選で大きな飛躍を遂げている。

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとの差に埋めるには時間が必要」

2020年7月31日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとの差に埋めるには時間が必要」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPに先立ち、2020年シーズン中にメルセデスに追いつけるように自分自身を鼓舞していると明かした。

マックス・フェルスタッペンは、2020年の開幕3戦で2回の表彰台を獲得しているが、レッドブル・ホンダのパッケージは勝利をかけてメルセデスと戦るレベルにはまだ到達していない。

「レッドブルF1はプログラム外のドライバー起用を除外していない」

2020年7月31日
「レッドブルF1はプログラム外のドライバー起用を除外していない」とデビッド・クルサード
レッドブルF1は、プログラム外のドライバーを起用することを決して除外しているわけではないと元ドライバーのデビッド・クルサードは語る。

現在、レッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダから参戦する4名は全員レッドブルのジュニアプログラム出身のドライバーとなっている。だが、近年、若手ドライバーは枯渇気味であり、アレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトは出戻り組だ。

ホンダF1:2020年 第4戦 F1イギリスGP プレビュー

2020年7月31日
ホンダF1:2020年 第4戦 F1イギリスGP プレビュー
ホンダF1は、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPに、レッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダとともに2チーム4台体制で挑む

1950年にF1世界選手権が開始して以来、自動車レースの母国とも言えるシルバーストーン。カレンダーの中でも随一の高速コースとして知られ、年月を経た現在もその人気が衰える気配はない。

ピエール・ガスリー 「特にエアロに関しては改善すべき点がある」

2020年7月31日
ピエール・ガスリー 「特にエアロに関しては改善すべき点がある」 / アルファタウリ・ホンダF1イギリスGPプレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、今週末の第4戦 F1イギリスGPから続く、2020年のF1世界選手権の2回目の3連戦にむけた意気込みを語った。

今週末シルバーストーンでF1イギリスGPを開催した後、同じサーキットで70周年記念GPが開催され、その後、バルセロナに移動してF1スペインGPが開催される。

ダニール・クビアト 「マシンの長所と短所を見極めるのはまだ少し難しい」

2020年7月31日
ダニール・クビアト 「マシンの長所と短所を見極めるのはまだ少し難しい」 / アルファタウリ・ホンダF1 イギリスGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトが、今週末の第4戦 F1イギリスGPから続く、2020年のF1世界選手権の2回目の3連戦にむけた意気込みを語った。

今週末シルバーストーンでF1イギリスGPを開催した後、同じサーキットで70周年記念GPが開催され、その後、バルセロナに移動してF1スペインGPが開催される。

レッドブルF1代表 「学校をサボってシルバーストンのF1テストに潜り込んだ」

2020年7月30日
レッドブルF1代表 「学校をサボってシルバーストンのF1テストに潜り込んだ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPに先立ち、シルバーストーン・サーキットの思い出について語った。

1997年に23歳で国際F3000に参戦するアーデン・インターナショナルを設立し、2005年に31歳で史上最年少F1チーム代表としてレッドブル・レーシングに就任したクリスチャン・ホーナー。

レッドブル・ホンダF1は2021年にセルジオ・ペレスを起用するべき?

2020年7月30日
レッドブル・ホンダF1は2021年にセルジオ・ペレスを起用するべき?
レッドブル・ホンダF1は、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスの起用を検討するべきだと元F1ドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルデは語る。

今シーズン限りでフェラーリF1を離脱するセバスチャン・ベッテルを中心に2021年のシリーシーズンは新たな局面を迎えている。2021年からアストンマーティンに名前を変えるレーシング・ポイントへの加入が広く噂されている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム