マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとの差に埋めるには時間が必要」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPに先立ち、2020年シーズン中にメルセデスに追いつけるように自分自身を鼓舞していると明かした。

マックス・フェルスタッペンは、2020年の開幕3戦で2回の表彰台を獲得しているが、レッドブル・ホンダのパッケージは勝利をかけてメルセデスと戦るレベルにはまだ到達していない。

F1イギリスGPに先立って会見を行ったマックス・フェルスタッペンは、メルセデスと比較したレッドブル・ホンダのパフォーマンス不足に苛立っているように見えるかもしれないが、それは勝ちたいという意志の表れだと語った。

「いつもベストを尽くそうと思って週末に臨んでいる」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、毎週末に勝利を争えることをわかって週末に臨みたいけど、現時点ではそうではない」

「僕たちはとにかく学び、改善しようと努力しているし、できればシーズン後半か来年には再びその立場にいられることを願っている。もちろん、それは簡単なことではないし、メルセデスでも非常に一生懸命に働いている。でも、彼らを苦しめることができれば、それは本当に素晴らしいことだ」

「でも、僕がイライラしてここに座っているわけではないし、いろんなことに当たり散らすつもりはない。もちろん、少しも動揺していないわけではないけどね。でも、最終的にそれは僕が勝ちたいと思っていて、改善したいと思っているからだ。チームの全員がそうだと思っている」

「僕たち全員が勝ちたいと思っている。お互いにプッシュしあえるのは良いことだと思う。それは悪いことではない。もし僕が『気にしていないよ。トラックに来ているだけだからね。自分の仕事をやって、家に帰るよ』といった感じでここに座っていたら、それは間違った態度だ」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダがRB16の問題を解決するためにどのようなことに取り組んでいた方法についても説明した。今年、フェルスタッペンとチームメイトのアレクサンダー・アルボンは特に低速コーナーで多くのスピンを喫している。

「僕たちはまだマシンについて学んでいる」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「多くの新しいパーツ、異なるパーツをマシンに搭載して、機能するもの、機能しないもの、まだ改善の余地がある場所を見極めていく・・・1週間からそこらで解決できるものではない。そのためにはもう少し時間がかかるけど、僕たちはそれに取り組んでいるし、正しい方向に進んでいるかどうかはコース上で試してみることで分かるだろう」

「どんなマシンでも限界で運転するのは難しい。だが、少し予測不可能になるときがあるし、そこはトリッキーだ。でも、正直、(ハンガリーでの)日曜日のレースではバランスがとても良かったと思う。とにかく現時点では少し遅すぎる」

予選でのメルセデスに対する赤字についてどう感じているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「難しいね。昨年ここに来て『大丈夫、当たって砕けろだ』と思っていたし、予選では0.2秒以内(0.183秒)だった」

「それは多くのことに依存する可能性がある。確かに彼らは支配的なチームであり、とても速いだろう。わからないけどね。コンマ2秒から1秒・・・本当にわからない。1秒にならないことを願っているよ! 0.5秒以内に収まればいい感じだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1