ルイス・ハミルトン、最後尾から5位 「サインツに負けたのは悔しい」 / メルセデス F1スペインGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝を5位で終えた。

6番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、オープニングラップでケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)に衝突されてタイヤをパンクしてピットイン。最後尾から追い上げる展開となった。

他のドライバーとはシークエンスがずれたこともあり、ミディアムの第3スティントで順位を上げると4番手まで浮上。最後は水漏れの問題によってエンジンをセーブした走りを余儀なくされてサインツに順位を奪われたものの、5位でチェッカーを受けて復調の兆しをみせた。

「カムバックできたことに本当に感謝しているし、この改善をもたらすために素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝している」とルイス・ハミルトンはコメント。

「レースでの車の感触は素晴らしかったし、僕たちのペースはトップ勢に近づいている。素晴らしいこと。スタートでパンクしてしまったのは本当に残念だったけど、僕は諦めなかった。それが僕たちがやってることだよね?」

「今日は予想よりもはるかに暑く、この車で誰にとってもかなりタフだった。最後は車を冷却するために基本的にハーフスロットルで走らなければならなかった。エンジンにフレッシュな空気を取り入れて、クールダウンさせるためにストレートでかなりリフトしていた。サインツに順位を失ったのは本当に悔しい。まるでノーマンズランドのような30秒後方の最下位から追い上げていたことを考えれば特にね。はるか後方にいることは酷い気分だったけど、頭を上げて、プッシュし、走り続けて、もっと良い結果を期待しなればならない」

「バウンシングはまだある。ストレートではないけど、コーナーでは発生している。でも、以前ほど悪くはない。スタッフは本当に一生懸命働いているし、僕たちは時間をかけてそれを修正することができると確信している」

「序盤に問題を抱えていなかったら、最後にどの位置にいるかは分からない。上位勢と同じようなペースがあるのを知れたのは良いことだ」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1スペインGP