メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「シルバーアローに戻すことに異論はない」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1がブラックのカラーリングをやめて、伝統的な“シルバーアロー”に戻すことに異論はないと語る。

メルセデスF1は、2020年シーズンの開幕直前に反人種差別を表現するためにブラックのカラーリングを導入。2021年も同じデザインを継続した。

だが、来年は伝統的なカラーリングに戻ることが予想されており、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフも、2021年がブラックのカラーリングの最後のシーズンになることを示唆している。

ルイス・ハミルトンは、世界中の反人種差別運動に触発された後、そのカラーリングを採用するというメルセデスの決定に重要な影響を与えたが、シルバーへの復帰は、チームの継続的な多様性と包摂の推進に影響を与えないと述べた。

「それに対して特別な感情を持っていない」とルイス・ハミルトンは語った。

「来年のために今は特に関わっていない。元々は『シルバーアロー』だ」

「昨年、象徴性の観点からマシンを黒くすることができるかどうか、そしてサポートの観点から今後何をするつもりかを尋ねたところ、それほど長く続くとは思っていなかった。僕たちが2シーズン目も継続したのは素晴らしいことだ」

「戻った場合、それは素晴らしい変化であり、すべてのパートナーと協力して真に多様性を推進し続けているので、社内で行っている変更を妨げることはありません。

「先日、UBSでさえ、僕たちは幼い子供たちに来てもらい、さまざまなバックグラウンドを持つ次世代のエンジニアに刺激を与えようとした。良いプログラムが進行しているので、違いはない」

F1唯一の黒人ドライバーであるルイス・ハミルトンは、スポーツの多様性を改善するための最も声高な支持者であり、昨年、モータースポーツで少数民族の機会が不足している理由を解明するためにハミルトン委員会を設立した。7月には英国の過小評価グループを支援するために新しい「ミッション44」慈善財団に2,000万ポンドの個人的な誓約をした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス