メルセデスのルイス・ハミルトン 「オールージュに酷いバンプができている」 / F1ベルギーGP初日
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、有名な“オールージュ”に“大規模”なバンプができており、スパ・フランコルシャンのエクスペリエンスを台無しにしていると語る。

この高速でスイープするセクションは、F1カレンダーで最も象徴的なトラックのひとつ。現代のF1マシンではフルスロットルで走行でき、観る側にとっても、運転する側にとってもスペクタクルなセクションとなっている。

しかし、ルイス・ハミルトンは、オールージュの大きなバンプによってそれが損なわれており、修正することを促した。最近、スパ・フランコル大規模な洪水の被害を受けており、それが原因である可能性がある。

「今日は問題なかった。セッションが非常に短いので、短い時間から多くの知識を得たり、ゲインしたりすることはないので、ちょっと憂鬱だけどね」とルイス・ハミルトンはFP2の後に Sky F1 に語った。

「少なくともFP2はドライだったので、何周か走ったけど、今日はクルマとの一体感が十分ではなかったので、今夜はそれを理解するために作業する必要がある」

「とてもチャレンジングなサーキットだし、適切なバランスを見つけようとしている。今朝は一方通行だったので、午後に変更を施したけど、あまり違いはなかった」

「セクター1とセクター3は速いけど、ミドルセクターで遅くなる。または、ミドルセクターで速いけど、他の2つでは遅いといった状況だ」

「そのため、そのバランスを見つけるのは非常に難しい。でも、素晴らしいサーキットだ」

「今、オールージュはとてもバンピーだ。起こったことによって、ちょっと台無しになったと思う。新たにパッチが当てられたのかどうかは分からないけど、圧縮されるポイントに以前にはなかった大きなバンプがある」

「本当にシャープだし、それを背中で感じている。でも、彼らはそれを修正すると確信している。泥流や雨と関係があると思う」

金曜日のプラクティスでは、段階的に雨が降りましたが、日曜日までに雨が激しくなり、持続するという予報も出ている。

しかし、スパ・フランコルシャンの天気は予測できない。そのため、ルイス・ハミルトンはすべての卵をハイダウンフォースのバスケットに入れることに警戒している。

「当然のことながら、雨が降ることが保証されているなら、もっとダウンフォースが必要だと思う」とルイス・ハミルトンは語る。

「でも、雨が降らず、天気予報士が間違っていたら、ストレートでは無防備だ」

「そのため、翌日に行うセットアップの変更には細心の注意を払う必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ベルギーGP