メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「勝利を祝ったことが“無礼”だったとは思わない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPの勝利を祝ったことが“無礼”だっとマックス・フェルスタッペンの主張に反論した。

ルイス・ハミルトンは前戦F1イギリスGPでホームの観客の前で記録的なシルバーストン8勝目を挙げた。結果的にオープニングラップでのタイトルライバルのマックス・フェルスタッペンとのコプスでの接触の恩恵を受けた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとの接触でバリアに突っ込み、クラッシュは51Gが記録され、予防的チェックのために病院に送られた。

マックス・フェルスタッペンとレッドブルF1は、レース後の祝賀会を批判。今週末のF1ハンガリーGPに先立ってもその不満を繰り返した。

ルイス・ハミルトンは、旗を振って喜びを表現することはホームの群衆の前で勝ったとへの“自然”な反応であると信じており、自分たちが無礼であるという提案を却下した。

「僕たちの行動が無礼だったとは思わない」とルイス・ハミルトンはレース前のドライバー記者会見で語った。

「でも、僕が言ったように、何が起こったのかを知って祝うことと、知らないで祝うかことがある。言ったように、僕は気づいていなかった」

「でも、それは僕のホームグランプリであり、僕たちは信じられないほど一生懸命働いた。神はそのような結果を得るのにどれくらいの時間がかかるか、そして、昨年以来初めてそこにいるホームの観客全体を体験することがどれほど記念碑的な瞬間であったかを知っている。感情が高まっていた」

「あれは意図的なお祝いではなかった。あんなにも多くの人々を目にして、多くの人々が一緒に祝ってくるのは喜びだった。それが自然な感情だ。僕は自分の感情を隠すつもりはない。たくさんの人に会えて本当に良かった」

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンが病院に運ばれたことに最初は気付いていなかったことを再び確認した。

「追加することはそれほど多くない」とルイス・ハミルトンは説明した。

「前回のレースで言ったように、本当に気づいていなかった。彼がマシンから降りたのを画面で見ていたし、彼は大丈夫に見えた。それに彼は無事だと言われていた。その後、メディア対応があって、彼が病院を訪れたことに気づかなかった」

「僕たち誰も、他のドライバーが怪我をしたり、危害を加えたり、他のドライバーを被害に遭うことを望んでいない」

「僕たちの焦点は今週末だけだ。レース後、マックスに電話をかけて、彼が大丈夫かどうかを確認し、敬意がまだ残っていることを知らせまた。もちろん、それはまだ返礼されていない。でも、問題はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス