F1王者ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンとの幼稚な舌戦に興味はない」
ルイス・ハミルトンは、F1タイトルのライバルであるマックス・フェルスタッペンとの“幼稚”な舌戦に関与することには興味がないと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1モナコGPの週末に先立ち、シーズン最初の4レースでマックス・フェルスタッペンとのホイール・トゥ・ホイールの衝突を避けるために「よくやった」と語り、フェルスタッペンには「おそらく彼には証明することがたくさんあると感じている」と付け加えた。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンへのアグレッシブな動きで「証明するものは何もない」と主張することで応えた。

しかし、F1モナコGPで最後に笑ったのはマックス・フェルスタッペンであり、ルイス・ハミルトンは7位に過ぎなかったのに対し、公国で初勝利を挙げた.
その結果、マックス・フェルスタッペンは14ポイント差を覆し、キャリアで初めてドライバーズ選手権の首位に躍り出た。

そして、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンのレース前の発言に「行動は常に言葉よりも雄弁だ」とやり返した。

「僕は心理戦をしているのではない」と次戦F1アゼルバイジャンGPに向けてマックス・フェルスタッペンに4ポイント差をつけられているルイス・ハミルトンは語った。

「クリスチャン(ホーナー/レッドブルF1 チーム代表)が何を言ってくるかは興味深いけど・・・僕はそれほど気にしないだろう

「彼らは今週末、素晴らしい仕事をした。それだけだ。僕たちも良いレースをしてきた。でも、言ったように、残り17レースがある」

「幼稚な舌戦に巻き込まれるつもりはない」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、トラック内外でルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとのライバル関係がエスカレートしてくのは、F1にとって素晴らしいエンターテイメントだと考えチエル。

「2人の傑出したドライバーの間で戦い、チャンピオンシップが両方向に揺れ動いているのは素晴らしいことだ」とトト・ヴォルフは語った。

「エンターテインメントにとって良いことは言われているし、私はその文章をエンターテインメント要素に帰したいと思っている。それについて話したり書いたりするのは素晴らしいことだ」

「これはトラック上でのアクションであり、トラック外ではメロドラマだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン