F1王者ルイス・ハミルトン、2021年版スポーツ長者番付で8位
米経済誌フォーブスは、2021年版のスポーツ選手の長者番付を発表。F1王者ルイス・ハミルトンが8位にランクインした。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、昨年の13位(年収5,400万ドル/約59億円)から8位(8,200万ドル/89億6800万円)にアップした。メルセデスF1と2021年の1年契約を延長したハミルトンは、年俸/賞金が4200万ドルから7,000万ドルにアップ。CM/スポンサー料が1,200万ドルという内訳となっている。

1位は、総合格闘技のコナー・マクレガーの1億8,000万ドル(196億9,380万円)。総合格闘技の選手がトップになったのは初めてとなる。しかし、ここには落とし穴があり、ウイスキーブランドのProper No.12の持ち株を1億5000万ドルでproximoSpiritsに売却した金額が含まれている。

2位にはFCバルセロナのリオネル・メッシ(1億3,000万ドル/約142億2,330万円)、3位にはユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド(1億2,000万ドル/約131億2,920万円)とサッカー選手が続いた。

興味深いことに、フォーブスが“フィールド”での収益のみに絞って全員をランク付けした場合、ルイス・ハミルトンは、メッシ、ダック・プレスコット(アメフト)、ネイマール(サッカー)に次ぐ4位だった。

スポーツ長者番付は、昨年6月1日から1年間の給与、賞金やスポンサー収入などで算出された。

1位:コナー・マクレガー(総合格闘技)
年収:1億8,000万ドル
 年俸/賞金:2,200万ドル
 CM/スポンサー料:1億5,800万ドル

2位:リオネル・メッシ(サッカー)
年収:1億3,000万ドル
 年俸/賞金:9,700万ドル
 CM/スポンサー料:3,300万ドル

3位:クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
年収:1億2,000万ドル
 年俸/賞金:7,000万ドル
 CM/スポンサー料:5,000万ドル

4位:ダック・プレスコット(アメリカンフットボール)
年収:1億750万ドル
 年俸/賞金:9,750万ドル
 CM/スポンサー料:1,000万ドル

5位:レブロン・ジェームズ(バスケットボール)
年収:9,650万ドル
 年俸/賞金:3150万ドル
 CM/スポンサー料:6,500万ドル

6位:ネイマール(サッカー)
年収:9,500万ドル
 年俸/賞金:7,600万ドル
 CM/スポンサー料:1,900万ドル

7位:ロジャー・フェデラー(テニス)
年収:9,003万ドル
 年俸/賞金:3万ドル
 CM/スポンサー料:9,000万ドル

8位:ルイス・ハミルトン(F1)
 年収:8,200万ドル
 年俸/賞金:7,000万ドル
 CM/スポンサー料:1,200万ドル

9位:トム・ブレイディ(アメリカンフットボール)
年収:7,600万ドル
 年俸/賞金:4,500万ドル
 CM/スポンサー料:3,100万ドル

10位:ケビン・デュラント(バスケットボール)
年収:7,500万ドル
 年俸/賞金:3,100万ドル
 CM/スポンサー料:4,400万ドル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス