ルイス・ハミルトン 「シューマッハのF1へのアプローチが分かってきた」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1に加入して以降、ミハエル・シューマッハのようなF1ワールドチャンピオンがチームを前進させる上でどれほど重要な影響を与えていてきたかを理解できるようになったと語る。

ルイス・ハミルトンは、2020年のF1世界選手権を制し、ミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオンという史上最多記録に並ぶとともに、史上最多数と最多ポールポジション記録を保持している。

それでも、ルイス・ハミルトンの最近の勝利は最高のマシンであるメルセデスのF1マシンのおかげだと示唆する人は多い。

ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの後任として2013年にマクラーレンからメルセデスF1に移籍するまで、ドライバーがマシン開発でどれほど大きな役割を果たさなければならないかを完全に理解していなかったと語る。

「僕はいつもそこでの状況を疑っていた。タイヤや温度への対処方法などね。彼らは僕の言うことに耳を傾けることなく、ただ彼らのことをしていた」とルイス・ハミルトンはマクラーレン時代について振り返る。

「マシンの開発を助けるという点で、完全には理解できていなかったと思う。ドライバーとしてミハエルのアプローチに近づいてきている」

「チームはシミュレーションをして、ベストなマシンがどうかを教えてくれるけど、シミュレーションは僕ができることをできない。フィーリングも必要だ」

「今はミハエルのアプローチがどういうものだったのかをどんどん理解できてきている。自分のやってきたことと重なるかもしれない。一緒に舵をとっていかなければならない」

「F1でスタートする人に若いドライバーにとっては難しい。ミハエルが何をしていたのか、僕がこのチームで何をしているのかを完全に理解するのは難しい」

「彼らは、僕たちが良いマシンを持っていること、ミハエルが良いマシンを持っていたことだけを見るけど、今、僕はここでミハエルがチームと何をしていたのか、たぶん彼がこのチームでやっていただろうことを理解している。僕がやらなければならなかったことに似ていると確信している」

「指針でなければならない。知的で熱心な人々のパワフルなグループがあって、もちろん、メインの指針であるチームのリーダーがいる」

「でも、開発に関しては、どのようにマシンをさらに前進させ、ドライバーの特性に合わせて作業するしていくかは僕の仕事だし、それを非常に誇りに思っている。残念ながら、人々はそれらすべてをバックグラウンドで見ることができない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ミハエル・シューマッハ