ルイス・ハミルトン、フェラーリF1との交渉は「互いの立場が一致しなかった」
ルイス・ハミルトンは、フェラーリF1移籍について過去に交渉の場があったが、両者の立場が“決して一致しなかった”ため実現には至らなかったと明かした。

ルイス・ハミルトンは、フェラーリF1への魅力を隠したことはなく、実際にフェラーリの有名なロードカーを数台所有している。

だが、ルイス・ハミルトンは、フェラーリが提示した選択肢に決して魅力されることはなかったと語る。

「僕たちは何回か話し合ったけど、テーブルに置かれたオプションを理解する以上のことはしなかった。それらは適切なオプションではなかった」とルイス・ハミルトンは Gazzetta dello Sport のインタビューで語った。

また、ルイス・ハミルトンは、過去の交渉においてタイミングも重要な要素であり、メルセデスF1との契約が更新されるたびにフェラーリ移籍の扉は閉ざされたと明かした。

「僕隊の立場は決して一致しなかった。タイミングが重要だし、物事には最終的には理由があると思う」

「最近のシーズンでは、僕の契約は他のすべてのドライバーとは異なる年数で常に失効していた。結局はそういうことだ」

もし、ルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍していれば、7回のF1ワールドチャンピオンという偉業、さらにはレース外での活動や多様性の促進者としての最近の動きにおいて、現在、メルセデスで実現できているような活動ができてかどうかは不明だ。

ルイス・ハミルトンがマクラーレンを離れてメルセデスF1への移籍を検討したとき、自分を表現するための自由な支配力をもつことが前提条件だった。

「マクラーレンで僕は大きく成長したけど、彼らはドライバーがどのように振る舞うべきかについてある程度の期待値があった。彼らは、僕がずっとアウトサイダーであり、非国教徒であったという事実とは対照的だった」とルイス・ハミルトンは語った。

「メルセデスと契約する前に僕は『見てほし。僕は他の人とは違う。僕が自分が誰であるかを見つけなければならないので、自分自身にならせてほしい。経験をさせてほしい。いずれにせよ、僕はみなさんを助けるし、ブランドは若者の世界でより良い方法で成長していくと思う』と伝えた。そして、それが実現した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ / メルセデス