ルイス・ハミルトン、予選6番手も「今日走らせられる最速だった」 / メルセデス F1トルコGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2020年のF1世界選手権 第14戦 F1トルコGPの予選を6番手で終えた。

メルセデスは今季ここまでの13戦のすべてでポールポジションを獲得し、ルイス・ハミルトンはそのうち9回を占めていた。しかし、今週末はグリップの低い路面と土曜日の雨によってほとんどポテンシャルを示すことなく、予選を6番手で終えた。

「今日はとてもチャレンジングだったし、僕たち全員が苦労していた。でも、どういうわけか何人かは僕たちよりもタイヤにスイッチを入れることができていた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕たちはタイヤの温度に制限されてしまったし、必要なグリップを見つけることができなかった。懸命に努力して、自分たちにできるベストを尽くしたけど、これが今日の僕たちがドライブできる最速だった」

「明日はチャレンジングになるだろうし、タイヤを機能させるのは難しいと思うけど、全力を尽くすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1トルコGP