「ミハエル・シューマッハにはハミルトンほどのF1マシンと環境はなかった」と元メルセデスF1責任者
元メルセデスのF1責任者を務めていたノルベルト・ハウグは、ルイス・ハミルトンとメルセデスのF1マシンは、7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが同レベルの成功を収めたチームやマシンよりも優れていると主張する。

今年、ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハが保有する91勝のF1最多勝利記録を更新し、7回のF1ワールドチャンピオン獲得という2つの記録に並ぼうとしている。

「長い間、ミハエルのユニークな記録が追い抜かれる、あるいは並ぶことにいなるとは考えられなかった」とノルベルト・ハウグは Sport1 に語った。

「しかし、ミハエルは、ルイスがメルセデスで手に入れているような優れた環境と比類のないレーシングカーを持ってはいなかった」

「これは、カートからフォーミュラ・ルノー、F3、GP2からF1まで私が知っているこの男であり、並外れたドライバーであるハミルトンの素晴らしいパフォーマンスを決しておとしめようとしているわけではない」

「一貫性と能力の点で、ルイスがF1での14年間で示してきたことは、シンプルにユニークなものであり、繰り返される可能性はほとんどない」

また、ノルベト・ハウグは、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンと「間違いなく同じポテンシャルと能力を持っている」と考えているとも語った。

一方、セバスチャン・ベッテルが2020年に去る前にフェラーリでF1タイトルを獲得できなかったことはベッテルの責任ではないとノルベルト・ハウグは語る。

「メルセデスがルイス・ハミルトンのために完璧な状況を作り出したのと同じような環境をフェラーリはセバスチャンのために作り出すことができなかった」とノルベルト・ハウグは語った。

「実際、シューマッハとラウダの時代以外では、フェラーリはそれほど支配的ではなかったと言ってもおかしくない」

「私はフェラーリを愛し、評価していますが、愛とひょかによって事実を変えることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ミハエル・シューマッハ