ルイス・ハミルトン
F1第3戦バーレーンGPを1週間後に控え、ルイス・ハミルトンがバーレーンの印象を語った。

バーレーンは本当に素晴らしいサーキットだね。文字通り砂漠のまわりでのドライブは、他とはかなり異なる。木やビルはなく、ただ砂漠でのドライブなんだ。ターン1、4、7、10といった多くのオーバーテイクのチャンスがあって、僕は本当にバーレーンのトラックが好きなんだ。すべてのストレートで多くのスリップストリームが得られるし、良い出口を得ることができる。だから、レースに関してはとても良いトラックだ。レイアウトも素晴らしいね。非常に長いストレートで始まり、とてもタイトな1速コーナーがあって、もうひとつのロングストレートの前には、少し変わったコーナーを通って加速するんだ。たくさんの変わったコーナーのある曲線のサーキットだし、いくつかのエリアで大きな勾配変化がある。また風がトラックに運んでくる砂も大きな要素で、オフラインはとても滑りやすい。

バーレーンは、オーストラリアやマレーシアと同じくとても暑い。すべてが非常に体力を要求されるし、それらのために一度に準備できるから、これらが一緒に始まるのは理想的だね。

僕はバーレーンでのレースを愛しているし、モナコやスパのように、楽しみなレースのひとつだ。トラックにはたくさんの良い思い出があるんだ。昨年は素晴らしいレースだった。とても楽しかったし、F1で3位表彰台を獲得してワールドチャンピオンシップをリードしたんだ。信じられなかったよ。最高の思い出は、F3で23位という悲惨な予選からリカバーした2004年だ。グリッドの後方からレースに勝つため戦った。ポイントのために順位をあげた最もエモーショナルなレースのひとつだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / マクラーレン / F1バーレーンGP