F1 ルイス・ハミルトン MotoGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、今週末に開催されるMotoGPの開幕戦カタールGPを現地で観戦することを明かし、2019年のうちに再び二輪テストを行う計画があることを示唆した。

ルイス・ハミルトンは、自分がMotoGPのファンであることを明らかにしており、昨年、オートバイブランドのMVオーガスタのアンバサダーに就任。コラボレーションモデル『F4 LH44』が世界限定44台で発売されている。

また、昨年12月には世界スーパーバイク選手権に参戦するヤマハのワークスチームのバイクをヘレス・サーキットでテストしている。

ルイス・ハミルトンは、二輪に転向する意思はないと認めてつつも、MotoGPをカタールで観戦するのは“もう少し学ぶ”ことであり、2019年に再び二輪でテストを行う計画があることを示唆した。

「ずっとバイクが好きだし、本当に興奮している」とルイス・ハミルトンはコメント。

「レース全体を見ることはないかもしれないけど、現地でライダーがどのような仕事をしているか、F1と比べて予選がどう違うか、彼らがどのようにフィードバックに取り組むのかなどを見ることにとても興味がある」

「学習するための経験として生かすつもりだ。でも、あまり深読みしないでほしい。僕はMotoGPで走るには年を取りすぎている。若い(マルク・)マルケスのような転倒には耐えられないよ!」

「でも、今年のどこかで楽しい時間を過ごせるはずだ。スーパーバイクを走らせた時は、スーパーバイクのライダーたちと同じように全開で走ることができなかった」

「だから学ぶべきことがたくさんある。ドライビングとライディングの完全に異なるからね。でも、学習するのを楽しみにしている」

今年からヤマハの新たなサテライトチームとなった『ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チーム』は、メルセデスF1チームと同じペトロナスがスポンサーを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス | MotoGP