ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1 アメリカグランプリ
ルイス・ハミルトンは、残りのレースでメルセデスのために勝利を目指すことに集中してはいるものの、タイトル獲得のために無用なリスクを冒すつもりはないと認める。

F1日本グランプリでは、ライバルのセバスチャン・ベッテルがスパークプラグの故障によりリタイアしたことで、ルイス・ハミルトンはアドバンテージを59ポイントに広げた。

次戦F1アメリカGPでルイス・ハミルトンが優勝し、セバスチャン・ベッテルが6位以下でフィニッシュすれば、4度目のタイトルが確定することになる。

ルイス・ハミルトンは、2017年のF1ワールドチャンピオンを獲得するために、残りのレースでポイントのアドバンテージを生かしたいと考えており、それを危険にさらすようなリスクを冒すつもりはないと語る。

「レース週末での僕は完璧なバランスをとれていると思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「経験によって、プッシュすべきとき、ちょっと引くべきときはわかっている。マレーシアで僕がしたようにね」

「すべてのレースに勝つために向かうけど、愚かなリスクを冒すつもりはまったくない。僕がそんなことをして自分を不利な状況に追い込むことはそんなにないし、みんなも僕が無用なリスクを冒すドライバーではないとわかってくれていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス