ルイス・ハミルトン
メルセデスとルイス・ハミルトンは、タイトル争いが落ち着くまでメルセデスの契約交渉を延期することにしたという。だが、その間に双方とも他者にはアプローチはしないと約束している。

ルイス・ハミルトンは、2015年末までメルセデスと契約している。しかし、チームメイトでタイトル争いのライバルでもあるニコ・ロズベルグは最近、複数年の契約更新を行った。

タイトル争いはこれからさらに激しさを増すと考えられており、メルセデスのトト・ヴォルフは、もう少し静かなときにルイス・ハミルトンとの交渉を続けたいとし、待つことに同意したと述べた。

「今はとても張り詰めた状態なので、シーズンに集中することが必要だ」とトト・ヴォルフはコメント。

「だが、一つ確かなのは、ルイスとの仕事をどう続けるのかが明白になるまで、我々はほかの誰とも話しをしないということだ。これはお互いに約束した」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルントンとの契約はまだ1年以上残されており、両サイドがお互いを信頼しているため、他に目を向けることはないとウォルフは述べた。

「我々は他のどんなドライバーとも話すつもりはないし、実際に誰とも話していない。ルイスもまた、他のチームとは話していない。我々はお互いを信頼している。今、我々はチャンピオンシップに集中する必要がある。まだ1年半も先のことであり、契約話や激しい議論を交わすときではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス