ハースF1 小松礼雄 「マグヌッセンのメンタリティは2年前と雲泥の差」
ハースF1チームのトラックサイド エンジニアリング ディレクターを務める小松礼雄は、ケビン・マグヌッセンは2020年のチームとの最後の前シーズンとはまったく異なるメンタリティを示して戻ってきたと語る。

ケビン・マグヌッセンは、2017年から2020 年までロマン グロージャンと共にハースF1チームで4年間を過ごしたが、チームはお金を節約する必要があり、2021年ではなく 2022年と新しいF1レギュレーションに全力を注いでいたため、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの2人の新人ドライバーを雇った。

ケビン・マグヌッセンは、ロマン・グロージャンと同じようにそれが彼の F1 キャリアの終わりになるだろうと考えていた。二人ともアメリカに向かい、グロージャンはインディカーで、マグヌッセンはスポーツカーでレースをした。

しかし、今年2月、ウクライナ情勢によってすべてが変わり、ハースF1チームはマゼピン家との関係を断ち切り、ケビン・マグヌッセンはアメリカが所有するチームとの関係を更新するために呼び戻された。

29歳のケビン・マグヌッセンの最近の結果は、特にミック・シューマッハの結果と直接比較すると良くはないが、シーズンの好調なスタートから多くの功績を残しており、シューマッハの12ポイントに対して22 ポイントを獲得している。

ハースF1チームのトラックサイド エンジニアリング ディレクターである小松礼雄は、2019年シーズンの中間点の直前からパフォーマンスの腐敗が本格的に始まった2020 年の暗黒時代からケビン・マグヌッセンのメンタリティに大きな変化があることに気付いた。

「ケビンの心構えと精神状態は、2年前とは雲泥の差です」と以前は BAR、ルノー、ロータスで働いていた小松礼雄は motorsport-total.com に語った。

「今年のオフの後、彼はより成熟して戻ってきました。彼と一緒に仕事をすることは本当に喜びです」

「そして、彼はチームメイトを倒すことにさえ集中していません。彼は常にチームのことを考えています」

同じインタビューで、小松礼雄は、今シーズンのF1オーストリアGPでのミック・シューマッハの態度を批判した。シューマッハはスプリント予選中のハースF1チームの戦略について内外に不満を表明した。

しかし、小松礼雄は、それは単に2人がキャリアの異なる段階にあり、年齢が6歳離れていることが原因だと考えています。

「5年前なら、ケビンは今日のミックとまったく同じだったでしょう」と小松礼雄は語った。

「若いドライバーは常にチームメイトを最初に倒したいと思っています。もちろん、ケビンもミックを倒したいと思っていますが、それは彼の一番の関心事ではない。彼はそれ以上です」

「ミックは経験が少ない。だからこそ、これは彼への批判を意味するものではありません」

「彼は常に学んでいます。彼は遅くはありませんが、何よりも常に学んでいます。彼が正しい集中力を持ち、精神的に強いままであれば、うまくいくでしょう」

「そして、彼はチームメイトから学ぶでしょう。彼は学ぶことが本当に得意ですからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ケビン・マグヌッセン