ハースF1代表 「ニキータ・マゼピンにペナルティが科されることはない」
ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、F1アゼルバイジャンGPでのニキータ・マゼピンの物議を醸すミック・シューマッハへの防御動作についてペナルティを科すことはないと語る。

F1アゼルバイジャンGPの最終ラップで、ミック・シューマッハからポジションを守ろうとしたニキータ・マゼピンは、最高速度で右にピクピクと動き、ウオールに押し込まれそうになったシューマッハは「彼は僕たちを殺したいのか?」と叫んだ。

F1レースディレクターのマイケル・マシは、当時はインシデントを見ていなかったと主張しているが、改めて調査し、必要であれば、ニキータ・マゼピンとハースF1チームと話をする可能性があると誓った。

一部のメディア報道は、遡及的ペナルティ、さらにはレース出走禁止が可能性があると煽った。

マイケル・マシの調査について質問されたギュンター・シュタイナーは「彼が何を言いたいのかわからない」と RTL 語った。

「だが、彼は私が言っていることと同じことを言うだろう。両方と話をすれば、これがどのようにして起こったのかが明らかになる」

「それでおしまい。遡及的ペナルティなどあり得ない。彼は2人に因果関係を説明し、少年たちの話を聞くだけだ」

「いずれにしろ、私は彼ら二人と話をした。何かがうまくいかないときは、本当にうまくいかないものだ。すべて解決している」

ミック・シューマッハの爆発について、ギュター・シュタイナーは、300kph以上の事件の後で感情的な反応は自然なことだと述べた。

「だが、彼はニキータの言うことに耳を傾け、それを尊重した。今は彼もその怒りを鎮めることができていると思う」とギュンター・シュタイナーは語った。

「ニキータがビデオを見る前は、状況は違っていた。しかし、それは誤解だった。それだけことだ。」

「それが理解できたならば、あとはもう忘れなければならない。どこかの時点で『我々はそれについて話をし、誤解は解けた』と言わなければならない」

「ミックにも感情があることを忘れてはらなないし、このような瞬間にこそ感情が出るものだ」

「しかし、彼(シューマッハ)は常に非常にプロフェッショナルで、非常にクリーンで、22歳にしては非常に大人だ。結局のところ、それほど危険ではなかったと思う。高速であるために感情的になっただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニキータ・マゼピン