ハースF1のロシア国旗カラーリングを世界反ドーピング機関が調査
世界反ドーピング機関(WADA)は、ロシアに対する禁止事項の遵守について、ハースF1が発表した2021年F1マシン『VF-21』のカラーリングを調査していることを明らかにした。

ハースF1チームは3月4日(木)、ドライバーのニキータ・マゼピンの支援者である新しいタイトルスポンサーのウラルカリのカラーを反映したロシア国旗の赤・白・青を特徴とするVF-21の印象的なカラーリングを発表した。

しかし、昨年12月にロシアのアスリートが今後2年間世界選手権大会に出場することを禁したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決が遵守されているかについて懸念の声が挙がった。

当初、WADAは、2014年冬季オリンピックでのロシアの国家ぐるみのドーピングと隠蔽を調査し、ロシア選手団の4年間の国際的な主要大会から除外を決定していた。

今年2月、ロシア自動車連盟は、これがFIAの世界選手権にまで及ぶことを確認した。つまり、ニキータ・マゼピンは今年ロシアの旗の下でレースをすることはできない。また、国章、旗、記号、および「Russia」または「Russian語」という言葉を衣服や装備に使用することも禁じられている。

ハースF1は、VF-21のカラーリングはCASの判決を回避する意図で設計されていないと主張したが、WADAは問題を調査していることを確認した。

「WADAはこの問題を認識しており、関係当局と調査している」とWADAの広報担当者は語った。

不確実性は、ロシアのアスリートが「衣服、装備、その他の身の回り品を含めたものに限定されず、ロシア連邦の国章またはその他の国章を公に表示してはならない」という判決の条項内にあるように思われる。

FIAは、ハースF1のカラーリングについての質問に「チームはFIAにカラーリングを明確にしている。CASの決定はロシア国旗の色の使用を禁止していない」と語った。

ロシア自動車連盟の最初の声明によると、FIA世界選手権におけるニキータ・マゼピンと他のロシアのドライバーは、ロシア国旗の色と、「ロシア自動車連盟」を表す頭字語RAFを引き続き使用できる。

「明らかに、ロシア国旗をロシア国旗として使用することはできないが、マシンの色に使用することはできる」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「結局、ロシアの旗を表示できないのはアスリートであり、チームではない。チームはアメリカのチームだ」

ニキータ・マゼピンは、F1デビューシーズンに先立って禁止が発行され、ロシア人としてではなく、中立的なアスリートとして競争することは「非常に残念」だと語った。

「現在、自分はどのように分類されるかについてまだ話し合っている」とニキータ・マゼピンは語った。

「まだ決定はしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース