ハースF1代表 「マゼピンが問題を起こさないように導く必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年にチームはニキータ・マゼピンを“コントロール”することができると考えている。

21歳のニキータ・マゼピンは、父親がロシアの億万長者だという理由だけでなく、F1デビュー前にすでに評判を大きく落としている。

2016年、ニキータ・マゼピンは、ヨーロッパF3選手権でカラム・アイロットを殴って出走停止処分を受け、今年もバーレーンでの危険な運転で非難された。さらに女性の友人の胸を触ろうとしている動画をインスタグラムに投稿し、FIAとF1もそれを非難。SNSでは多くのファンがマゼピンの追放を求めている。

ハースF1はニキータ・マゼピンを扱うという難しい仕事を当て側ているかと質問されたギュンター・シュタイナーは「我々はニキーターそのような彼をことを知っていたし、彼をコントロールできると思っている」と Channel 4 に語った。

「彼のパフォーマンスを見ているし、残りについて我々は彼を助けることができる。彼がそれらのことを続けないように彼を導くていく必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニキータ・マゼピン