ハース F1ロシアGP カーボン・インダストリー ブレーキ
ハースは、F1ロシアGPの週末をカーボン・インダストリー製のブレーキでスタートする。

ハースは昨年からブレーキの問題に悩まされており、2016年終盤には様々な問題が発生していた。原因はブレンボ製のブレーキの不整合が関係しているとみられており、昨年のブラジルではカーボン・インダストリー製のブレーキのテストを実施している。

だが、今年からF1のレギュレーションが大きく変更されたことで事態はさらに複雑化し、最終的にハースは冬季テストで使用していたブレンボ製のブレーキでシーズンをスタートした。

しかし、ブレーキの不整合の問題は解決されず、ハースはF1バーレーンGP後のインシーズンテストでカーボン・インダストリー製のブレーキをテストしていた。

テストでドライバーからポジティブなフィードバックがあったことで、ハースは少なくともF1ロシアGPの1回目のフリー走行ではカーボン・インダストリー製のブレーキを使うことにした。

新しいブレーキについてケビン・マグヌッセンは「バーレーンテストで試した方を使い続けて、様子を見ることになった。違うものを試すのはいいことだし、カーボン・インダストリーのブレーキにはポジティブだったので続する。いつでも戻すことはできるしね」

ハースは、1回目のフリー走行終了後に残りの週末もカーボン・インダストリー製のままでいくか、ブレンボ製に戻すかを判断する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1ロシアGP